【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 格差社会
  3. » 【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】

【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】

【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
富める者はより富み、貧しい者はさらに貧しさへと突き落とされる理不尽な社会。
私たちの住むこの資本主義社会は格差社会と言われます。

それでも日本で富の格差が叫ばれだしたのはつい最近のことで、21世紀に入ってからでした。
それまでの日本社会は「一億総中流」と言われ、多くの日本人が安定した生活を享受していました。  
それが21世紀に入ると、「格差」「下流」「ワーキングプア」「派遣切り」という言葉が流行り、社会問題にもなりました。
中流社会は、みるみるうちに格差社会へと変わってきたわけです。

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の「21世紀の資本」の中で、この問題の本質をわかりやすく解き明かしています。

ピケティ氏の理論は、 r > g という不等式で資本主義社会の格差の正体を説明しました。

r (資本の収益率[投資の利回り])は g (経済成長率[賃金の上昇率])を上回るという考えです。

資本の収益率、つまり株や不動産などの資本を持つ者は、経済成長(賃金の上昇)以上に富み、格差が拡大していくということです。
つまり持つ者と持たざる者の格差が拡大していくということです。


r>gピケティ


そして、r と g の成長率はそれぞれ4~5%と1~2%という歴史だったということです。
資本主義社会は「 r > g 」という不等式が示すように格差拡大するような構造が埋め込まれている訳です。

資本家と労働者の間で生まれる3%の格差をそれほど大きくないと感じる方もいると思いますが、
時間の経過とともに複利の力は大きく働くので、資本の蓄積が進めば、持つものと持たざる者の格差が広がり続けます。

では、どうすればいいのか?
会社の給料だけで生きているサラリーマンを毎年2%の成長、そして資産を持っている人の資産の成長を5%として、
40年の年月を見れば、もはやそれは埋めがたいものになっているというのは容易に想像できるはずです。
これこそが「格差」を意味するのです。


r>gピケティ



格差がとめどなく広がる理由は、この資本主義の中で「 g (給料)」の成長だけで生きるか「 r (資産)」の成長も取り込めるか の差です。

要するに、格差社会で下流に落ちないためにやるべきことがあるとすると、
いかに「 g 」から「 r 」に動くか、ということに尽きます。
「 r 」に動くというのは「資本家サイド」にまわることです。
具体的には「優良企業の株式資産を保有し続ける」ということです。
どんな株式でも良いわけではなく、優良企業の株式数を増やし続けることが肝心です。
いったん優良企業の株式が保有できて、その優良企業からの配当をさらに優良企業の株式に再投資し続けることで、資産は雪だるま式に増えていくことになります。


別に会社を辞めて、専業投資家として生きるという意味ではなく、
労働だけに頼った収益では、資本を使ってお金を稼いでいる人達との差が広がっていくことを知り、
お金でお金を稼ぐ「 r 」の収益も得て、格差社会で下流に落ちないような工夫を個人もしよう。
「資本家」を兼ねた「労働者」ハイブリッドサラリーマンになりましょうということです。


投資をしているサラリーマンと投資をしないサラリーマンとでは、同じように日々の生活を送っていても
資本を蓄積していかなければ、上のグラフのように何倍にもなって格差が生まれてしまうという訳です。
個人にとって資本の蓄積とは、優良企業の株式数を積み上げ続け、最大化していくことに他なりません。

とはいっても
「 g (サラリーマン)」から「 r (資本家)」に来るのがこの資本主義の格差社会で下流に落ちずに生き延びる最も重要な方法なのに、多くのサラリーマンは「 r (資本家)」サイドに来ない場合が多いのも事実です。

もっと具体的に言うと、多くのサラリーマンは「リスクは避けるもの」「一時的にでも元本割れするのはありえない」と言い訳し、
リスクを取ったものが報われるという資本主義のルールを自ら避け、「優良企業の株式を保有する」という重要なことができないでいます。
だから格差は決して縮まることはなく、さらに拡大していくのです。

同じカテゴリの記事




コンテンツメニュー
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
「配当成長株投資法」で、「お金を強力に生み出す資産」を獲得できる!
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ