インデックス投資では味わえない株式投資の本質 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資
  3. » インデックス投資では味わえない株式投資の本質

インデックス投資では味わえない株式投資の本質

インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資とは「何らかのリスクを取って経済的な生産活動に資本を提供する行為」です。
投資という形で資本を提供し、リスクを取った見返りがリターンとなります。


さわかみホールディングスの澤上氏はいいます。

投資というのは対象を厳選してはじめてリスクが取れるし、リターンも期待できるのだ。
したがって、リスクをコントロールしてとか、リスクを分散してとかの考えなど、はじめから存在しない。


モダン・ポートフォリオ理論では、リスクは株価のボラティリティと定義され、競争力の高い優良企業であっても、市場平均と比べて急激に株価が下がったら、株価が上がっていた時より下がった後の方が「リスクが高い」ということになります。

50年先も安定的に純利益を生み出すような競争力の高い優良企業の株価が急落した時こそ買いのチャンスであり、長期的に見れば元本が確保された状態の最もリスクが低い状態ということになります。


バフェットはいいます。

企業のオーナー(株主)として考えれば、学者の定義するリスクはまったく的外れである。
あまりにも外れているため、不合理だとすら言える。


丸ごと一つの企業を買ってしまうということを想定すると、投資対象の選定の考え方はシンプルになります。
例えば、丸ごと一つの企業のオーナーに自分がなったとしたら、自分への金銭的なリターンは純利益になります。

その時どんな企業のオーナーになりたいと思うでしょうか。
50年先も安定的に純利益を生み出すような事業で、設備投資も少なくてよい企業ではないでしょうか。

もし、そうであるなら、ビジネスの何分の1の事業を分け合っている株式投資でも同じ考えで良いのではないでしょうか。
世界の中で競争力の高い優良企業は、毎年莫大な純利益を生み出し続けています。

莫大な純利益を稼ぎ出す優良銘柄を選ぶ方法




メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ