資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  投資信託 >  投資信託の選び方

投資信託の選び方

投資信託の選び方としては、投資目的に応じ、保有期間を決め、そして購入商品が決まるといった流れになることが多いと思います。

投資信託にはいろいろな種類の投資信託があり、選び方の重要なことは、投資目的をはっきりさせることではないでしょうか。
「投資目的」によって「保有期間」が決まり、それによって購入する投資信託が変わってくるからです。
日本の投資家は「特別の目的を決めずに余裕資金を運用する」という意識で投資信託を購入した人が多いという結果がでています。
投資目的をはっきりさせると、保有期間のめどが決まり、それによって資産の効率的運用が可能になります。
たとえば、30代の人が「老後にそなえて」投資するなら30年ぐらい保有できることになり、「短期的な変動リスクはあっても長期的には高リターンが期待できる株式ファンド」で積極的に運用するという選択が可能になる訳です。
一方「不時の出費にそなえる」資金は、すぐに引き出せるMMFやMRFなどに置いておくことが考えられます。

これに対して目的が特になく、単に余裕資金運用ということだと、期間をはっきり決められないので、何となく安全商品に資金を寝かせてしまったり、リスクなどをあまり考えずにハイリスクな投資信託を購入してしまったりと運用効率が上がらないという結果を招くことにもなります。

「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの「運用期間」のめどをたて、その運用期間に適した投資信託(ファンド)を選ぶようにします。






投資信託の賢い選び方(長期運用)

投資信託を賢く選び、購入することで資産効率よく運用しましょう。
投資信託にはコストがかかりますが、そのコストをいかに低く抑え長期的に運用していくかがキーポイントになります。
そして、特定の市場や銘柄だけの保有は、それらの固有の事情で高いリスクを生じる要因となる場合があります。

長期での資産運用・資産形成を考えるときの投資信託選び方のポイントは

「世界中幅広く資産・銘柄などが分散されているか」
「信託報酬が安いか」
「販売手数料が無料か」
「分配金が少ないか(あるいは無いか)」
「純資産総額が大きいか」

などが特に重要ポイントとしてあげられます。

その理由は
特定の市場や銘柄だけの保有は、それらの固有の事情で高いリスクを生じる要因となる場合があります。
多くの銘柄や市場に同時に投資することができれば、保有銘柄や市場が値を下げても、値上がりしている他の部分が補って全体として大きな損失をこうむる可能性を抑えることができます。
投資信託にはコストがかかりますが、そのコストをいかに低く抑え長期的に運用していくかがキーポイントになります。
分配金が定期的に出る投資信託が数多くありますが、長期的なパフォーマンスにフォーカスした場合、複利の効果を最大限享受するには、分配金など無いほうが複利の効果を出せるでしょう。
純資産総額が少ない投資信託は途中で運用が中止され償還されてしまうこともよくあることです。

長期運用での投資信託選び方のポイントをまとめると
リスクを分散して安定的な成果をいかにして得るか。
いかにコストを抑えられるか。
ということになります。


カテゴリ:投資信託 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)