資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  投資信託 >  投資信託の選択はライフプラン・マネープランから

投資信託の選択はライフプラン・マネープランから

ライフプランに沿ったマネープランを立てる

投資信託は、投資対象資産や運用方法、さらに収益の分配方法などによって、いろいろな種類があります。
資産運用の初心者にとっては、どの投資信託に投資したらよいのかは悩むところです。
投資信託を選ぶポイントは、まず投資する目的を明確にするとよいのではないでしょうか。
結婚資金、子どもの教育資金、住宅資金など将来の資産形成を目的としたもの、定年退職後の生活資金確保など、投資目的は人それぞれだと思います。
ライフプランを明確にすることで、いつ、いくら必要なのか分かってきます。
将来必要な資金の額が明確になれば、その資金をどのように貯めればよいのかというマネープランが立てられるようになります。

将来の資産形成を目的として投資信託を選ぶのであれば、分配を抑え運用成果をファンド内で再投資するような種類の投資信託がいいかもしれません。
退職金の運用や公的年金を補う目的で投資信託を選ぶとすれば、定期分配型の投資信託、というようにご自身のマネープランにあった投資信託を選ぶことができます。





収益性重視の運用なのか安定性重視の運用なのか

投資方針として、収益性を重視するか安定性を重視するかで、大きく二種類に分けて考えられます。
収益性を重視するとした場合、より大きな収益を求めるかわりに、許容すべきリスクもその分大きくなります。
安定性を重視する場合は、投資元本を減らさないことに重点をおきますが、その分収益性は低下します。
どちらが優れているということではなく、収益性と安定性のバランスをとりながら運用するのが現実です。
投資信託を選ぶ際には、自身のマネープランをよく確認し、投資目的に合った投資信託を選ぶことが重要になります。

数種類のファンドを組み合わせて保有するとよいでしょう。
投資信託は、ひとつのファンドに多くの銘柄が組入れられているので、個別の銘柄に投資するより一般的にリスクは分散されています。
さらに、リスクを分散させるのであれば、運用対象の資産を分散させることも必要です。
代表的な運用対象の資産は株式と債券ですが、最近では不動産や商品(コモディティ)なども注目されています。
株式インデックスファンドや債券インデックスファンドなどとともにREITインデックスファンドやコモディティインデックスファンドなどにバランスよく資産を配分して保有することでさらなるリスクの分散が期待できます。
最近では、株式や債券、不動産、商品(コモディティ)など値動きの異なる資産に分散投資するバランス型の投資信託も人気があります。

カテゴリ:投資信託 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)