60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 60代の資産運用
  3. » 60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」

60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」

60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
公的年金の受給開始年齢が完全に65歳に移行します。
60歳で仕事を辞めた場合、60歳から64歳までの5年間が全くの年金受給の空白期間となり、それをどう乗り越えるかは重要な問題になってきます。



60歳からの5年間は、極めて大きな意味を持つ時期

退職金の受領でまとまった資金がそれまでの「会社任せ」 から 「自分任せ」 になり、退職から年金の完全支給までの期間の資産の使い方がその後の生活に大きく影響することから、この時期の「自立的な」生活が求められることになります。
生活の収入面、支出面の両方に目を配らせる必要があるということです。
まさしく 「使いながら運用する時代」 の始まりが 60歳~で、両面ともに自ら動かざるを得ない時代となります。


退職に伴って定期的な収入がある「フローの時代」から資産を使っていく「ストックの時代」へ移行します。
退職金の受領で、まとまった資金が「会社の口座」から「個人の口座」に移行し、公的年金や社会保障などに関して「拠出世代」から「受給世代」になります。

退職後の生活資金確保を退職までに考えるのではなく、退職後も含めた約20数年のマネープランを考える必要があります。
60代は退職金を受け取り、資金を使いながら運用する段階

完全リタイアした後の老後資金は、60代で使うお金、70代で使うお金、80代以降で使うお金の3つに分けて運用するのも一つの方法です。

例えば、元気な60代のうちは活動資金が必要なので、資金全体の50%程度を充て、70代で使うお金を約30%、80代以降で使うお金を約20%に分ける。
60代で使うお金は運用期間が短いので、現金と債券ETFなどの金融商品で運用。
70代で使うお金はローリスク~ミドルリスクの金融商品、80代以降で使うお金は20年以上の運用期間があるのでハイリスクの株式などでハイリターンを目指してもいいでしょう。




コンテンツメニュー
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
「配当成長株投資法」で、「お金を強力に生み出す資産」を獲得できる!
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ