資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » 配当利回りと配当性向と内部留保

配当利回りと配当性向と内部留保


配当利回りと配当性向と内部留保
配当利回りとは

配当利回りとは、株価に対する年間配当金の割合を示す指標です。

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金 ÷ 現在の株価 × 100

例えば、現在の株価が$100で、1株当たり配当金が年$3であった場合、配当利回りは3%となります。


配当性向とは

配当性向とは、会社が儲けた利益をどれだけ株主に配当するかという割合を示す指標です。
純利益のうち何%を配当にまわしているのかが配当性向です。

配当性向(%)=配当金支払額 ÷ 当期純利益 × 100

配当性向の値が高い会社は、株主に多くの利益を還元しているということになります。
逆に、低い場合は利益の配分が少なく、企業に残る資金の割合(内部留保率)が高いことを意味します。
上場したばかりなどの企業は、配当性向が低いことが多かったり、配当がないこともあり、純利益の多くを内部留保にします。

配当性向が高い企業は内部留保の額(利益から配当金を引いた額)が少なくなるので、株主資本にプラスする額が減ります。
内部留保の額は、株主資本に積み立てていきます。

内部留保率=1-配当性向


DPS(Dividend Per Share)=1株当たり配当

配当利回り=1株当たり配当÷株価
     =DPS÷株価

配当利回り=DPS÷株価
     =DPS÷(PER×EPS)
     =(DPS÷EPS)÷PER
     =配当性向÷PER
     =配当性向×益回り

配当性向=1株当たり配当÷1株当たり純利益(EPS)
    =DPS÷EPS











コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ