株式益回りで何がわかるのか - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » 株式益回りで何がわかるのか

株式益回りで何がわかるのか

株式益回りで何がわかるのか

株式益回りは、「株式益利回り」とも呼ばれ、1株当たり税引利益(1株当たり純利益)を株価で割ったものですが、これは株価収益率(PER)の逆数(1÷PER)となっており、株式投資に利回りの概念を取り入れたものです。
例えば、PERが25倍であれば益回りは4%、PER50倍であれば益回りは2%になります。
一般にPERが低いほど株価が割安とされるのに対して、益回りは高いほど株価が割安といえます。

株式益回りは、株価水準と1株当たり税引利益を比較する点ではPER(株価収益率)と同じ発想ですが、金利水準との比較を目的としているため、逆数となっています。
低PERの銘柄に投資すれば高い益回りとなるのでバリュー投資の銘柄発掘に使われる指標の一つです。
長い目で見ると株式投資の収益は、この株式益回りに近づいていきます。

長期金利(長期国債の利回り)から株式益回りを差し引いた「イールドスプレッド」や、長期金利を株式益回りで割った「イールドレシオ」などで、株式相場の割安感や割高感を判断したりする場合にも使われます。

株式益回り(%)=(EPS÷株価)×100

イールドスプレッドが小さい(大きい):株式相場は割安(割高)
イールドレシオが低い(高い):株式相場は割安(割高)

株式益回り-長期金利=イールドスプレッド

イールドスプレッドが3%まで縮小すると債権から株式へ資金シフトすると言われているようです。

イールドスプレッドは平均3~4%になります。
債券と株式で利回りが同じならリスクのある株式に投資家は集まらないので、イールドスプレッドという利回りの差(リスクプレミアム)ができます。

株式益回り=1÷PER
株式益回り=EPS÷株価


PERと益回りの関係

PER ・・・益回り
40倍・・・2.5%
30倍・・・3.3%
20倍・・・5%
15倍・・・6.7%
10倍・・・10%
5倍・・・20%


この関係は不動産投資でよくいわれる「収益還元法」と一緒です。

不動産価格=年間家賃÷利回り

株価=EPS÷株式益回り


PER=株価÷EPS

株価=PER×EPS


キャップレート
キャピタリゼーションレート(資本収益率)または還元利回りの省略語で「利回り」ともいわれます。
キャップレートの構成要素は、「リスクフリーレート+リスクプレミアム」

キャップレートは「期待利回り」ともいい、ひと言でいえば、その資産に投資するなら年利何パーセントの利回りを期待すべきなのか、ということです。
利回りは高いに越したことはないと考えがちだが、利回りが高いということは、それに見合う分だけリスクも高いということです。


リスクフリーレートとは、主にカントリーリスクの低い国の国債または長期金利などを参考にして導くものとされています。
リスクプレミアムとは、リスクの高いとされる資産に対して上乗せすべきレートです。

同じカテゴリの記事




コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ