資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » 株式銘柄分析手法[株式投資入門 コンテンツ]

株式銘柄分析手法[株式投資入門 コンテンツ]


株式銘柄分析手法[株式投資入門 コンテンツ]
株式銘柄分析

銘柄の選択や売買の判断には、主に「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」という2つの分析方法が使われます。
どちらも株価の動きを予測するための分析手法です。

ファンダメンタルズ分析では、企業業績や財務といった株価を動かす基本的な要因を分析します。
ファンダメンタルズ分析により「株価が割安かどうか」、「今後利益を伸ばせるかどうか」などを判断することができます。

EPSとは BPSとは など、株式に関する指標をしっかり理解することは、企業の財務分析を行う上では基本です。
これらの株式に関する指標を知識としてしっかり理解し、株式取引の1つの判断材料として利用することが重要です。

株式投資入門 コンテンツ

株式投資で最も重要なことは何か

株式投資で損切りは必要なのか

EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか

PER(株価収益率)で何がわかるのか

株式益回りで何がわかるのか

BPS(1株あたり純資産)で何がわかるのか

PBR(株価純資産倍率)で何がわかるのか

ROE(株式資本利益率)で何がわかるのか

配当利回りと配当性向と内部留保

配当利回りが高すぎる銘柄には注意

高配当で優良銘柄の探し方

連続増配の優良銘柄の効率的な探し方

自社株買いによる投資家のメリット




BPSとは、「Book value Per Share」の頭文字をとった略語で、1株あたりの純資産(株主資本)を示します。

PBRとは、「Price Book-value Ratio」の頭文字の略で、株価純資産倍率を表します。

EPSとは、「Earnings Per Share」の頭文字をとった略語で、1株あたりの利益を示す指標です。

PERとは、「Price Earnings Ratio」の頭文字をとったもので、株価収益率のことです。

ROEとは、「Retrun On Equity」の頭文字の略語で、株主資本利益率を示します。









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ