PER(株価収益率)で何がわかるのか - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » PER(株価収益率)で何がわかるのか

PER(株価収益率)で何がわかるのか

PER(株価収益率)で何がわかるのか
PERは「今の株価が1株あたり利益(EPS)の何倍に当たるのか」がわかります。

PER(Price earnings Ratio)は、 株価収益率とも呼ばれています。
ピー・イー・アールと呼ぶ方が多く、単位は倍です。
PER = 株価 ÷ EPS(1株当たり利益)で求めることができます。

株式投資を行う場合、目的は様々ですが誰しも、安く買い、高く売りたいと思う方が多いと思います。
割安な株を見つける指標の一つにPERという指標があります。
PERという指標を使うことで、銘柄の株価が割安か割高かが分かります。

企業の収益力と株価を比較することによって、株価がどの程度の水準にあるのかがわかる指標です。
PERは株価が1株あたりの利益に対してどのような水準にあるかを知る尺度になりますが、倍率が高ければ株価は割高、低ければ割安であると判断します。

PERから見た投資適正水準は、一般的に10~30倍程度といわれています。
PERには、これ以下が割安で、これ以上が割高といった明確な基準がありませんが、アメリカでは長年15~20倍くらいが普通といわれているようです。

簡単に言うと、企業の出す利益に対して、今の株価が安いのか高いのかを判断する指標ということです。
また、同業他社と比較することで、割高なのか割安なのかを判断するときにも便利な指標とされています。

優良企業ならば株価が上昇し、そうなるとPERも大きくなる傾向にあります。
PERが高ければ、人気がある銘柄のため株価が割高で、投資効率が低いと考えられます。

PERが低ければ、その銘柄は割安と考えられますが、将来性などの材料を懸念して、投資家が買い控えることで株価が上がらずにいる場合、株価が小さくなるので、PERは低くなってしまいます。
こういう場合もあるので、低PERだからといって今後株価が上昇していくとは限りません。


PER活用のポイント

低PERは割安である可能性が高い
投資適正水準は10~30倍が一般的
低PERであっても今後の株価は上昇するとは限らない



同じカテゴリの記事




コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ