資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » PER(株価収益率)で何がわかるのか

PER(株価収益率)で何がわかるのか


PER(株価収益率)で何がわかるのか
PERは「今の株価が1株あたり利益(EPS)の何倍に当たるのか」がわかります。

PER(Price earnings Ratio)は、 株価収益率とも呼ばれています。
ピー・イー・アールと呼ぶ方が多く、単位は倍です。
PER = 株価 ÷ EPS(1株当たり利益)で求めることができます。

株式投資を行う場合、目的は様々ですが誰しも、安く買い、高く売りたいと思う方が多いと思います。
割安な株を見つける指標の一つにPERという指標があります。
PERという指標を使うことで、銘柄の株価が割安か割高かが分かります。

企業の収益力と株価を比較することによって、株価がどの程度の水準にあるのかがわかる指標です。
PERは株価が1株あたりの利益に対してどのような水準にあるかを知る尺度になりますが、倍率が高ければ株価は割高、低ければ割安であると判断します。

PERから見た投資適正水準は、一般的に10~30倍程度といわれています。
PERには、これ以下が割安で、これ以上が割高といった明確な基準がありませんが、アメリカでは長年15~20倍くらいが普通といわれているようです。

簡単に言うと、企業の出す利益に対して、今の株価が安いのか高いのかを判断する指標ということです。
また、同業他社と比較することで、割高なのか割安なのかを判断するときにも便利な指標とされています。

優良企業ならば株価が上昇し、そうなるとPERも大きくなる傾向にあります。
PERが高ければ、人気がある銘柄のため株価が割高で、投資効率が低いと考えられます。

PERが低ければ、その銘柄は割安と考えられますが、将来性などの材料を懸念して、投資家が買い控えることで株価が上がらずにいる場合、株価が小さくなるので、PERは低くなってしまいます。
こういう場合もあるので、低PERだからといって今後株価が上昇していくとは限りません。


PER活用のポイント

低PERは割安である可能性が高い
投資適正水準は10~30倍が一般的
低PERであっても今後の株価は上昇するとは限らない











コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ