EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資入門&悩み解決
  3. » EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか

EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか

EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか
1株あたりの純利益がどれくらいなのかを価格で表したものです。
EPSの推移を見れば、企業の成長度が簡単に分かります。

EPS(Earning Per Share)は、1株あたり純利益とも呼ばれています。

EPS = 当期純利益÷発行済み株式数 で求めることができます。

つまりEPSとは1株当たりの儲けの大きさを意味しているため、値が大きい方が良いということです。
EPSの推移に注目すると良いのではないでしょうか。
EPSはPERの算出に使われるために、株式投資では重要で信頼の置ける指標です。


EPSが上がる要素は、

純利益が増える
発行済み株式数が減る


このどちらかによりEPSの数値は上がります。
発行済み株式数が減る場合は、企業が「自社株買い」をした時と「株式併合」をした場合です。

自社株買いを毎年定期的に行い、EPSの価値を高めている企業は、株主への利益還元対策をしっかりと行なっている優良企業であると思われます。


同じカテゴリの記事




コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ