資産運用初心者
  1. Top
  2. » 投資信託
  3. » おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】

おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】


おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
公社債投資信託には、長期の公社債を中心に運用する投資信託(長期公社債投信)、安全性の高い短期公社債を中心に運用する投資信託(MMFなど)、証券総合口座用投資信託(MRF)などがあります。
安定的な運用に欠かせない おすすめ投資信託です。


MRF
信用度が高く残存期間の短い内外公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、安定した収益の確保を目指して安定運用を行っています。
なお、組入れ有価証券および金融商品の平均残存期間は90日以内としています。
MRFは、毎日決算を行い、運用実績に応じて運用収益の全額を分配します。
分配金は、税金を差引いたうえ、1ヵ月分をまとめて原則として、毎月の最終営業日の前日の基準価額で再投資します。
MRFは証券総合口座専用の投資信託です。
申し込みは1円以上1円単位(1口=1円)で、いつでも申し込みが可能で、申込手数料はありません。
解約単位は1口単位で、いつでも解約でき、解約手数料はありません。


MMF
主に日本の国債、政府保証債、および指定格付機関から上位の格付を得ている有価証券・金融商品に投資します。
安定した収益の確保を目指して安定運用を行っています。
毎日決算を行い、運用実績に応じて運用収益の全額を分配します。
分配金は、税金を差引いたうえ、1ヵ月分をまとめて原則として、毎月の最終営業日の前日の基準価額で再投資します。
1円以上1円単位でいつでも申し込みができます
申込み単位は、1円以上1円単位(1口=1円)で、いつでも申込でき、申込手数料はありません。
1口単位でいつでも解約が可能で、解約手数料はありません。


外貨建てMMF
外貨建てMMFは、海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。
高い格付けを有するCP(コマーシャル・ペーパー)、銀行引受手形、通貨国の政府等が発行した証券などの短期金融商品で運用されています。
外貨MMFの申込みは、米ドル建ての場合1口(通常は1セント)単位ですので少額から始められます。
満期がなくいつでも出し入れ自由です。
分配金は毎日計算され毎月末に自動的に再投資されるため、1ヶ月複利の効率的な運用ができます。
外貨建てMMFは、米ドル建てのほかユーロ建てや豪ドル建てのものもあり、通貨分散が可能です。
また、外貨建て金融商品の償還金や売却代金などを外貨のまま外貨MMFで受取ることができますので、受け皿としても利用できる便利な商品です。


預貯金の代わりにMRFを利用
MRFとは、Money Reserve Fund(マネー・リザーブ・ファンド)の略で、主に期限が短く信頼性の高い公社債で運用される投資信託です。投資信託の一種なので、元本保証はないですが、安全性の高い商品で運用するため元本の安全性は高いです。1円以上1円単位で買付・売却できて手数料はありません。

毎日決済し、その収益は月末にまとめて再投資されます。
証券会社の証券総合口座でMRFの申込みをすると、口座内で株などの運用に使っていないお金は自動的にMRFを買付、そこから株や債券、投資信託などを買う場合は自動的に売却され、効率的に資産が動きます。
預貯金の代わりに安全性資産としてMRFを利用するという方法もあります。









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ