資産運用初心者
  1. Top
  2. » 投資信託
  3. » 投資信託の購入方法・買い方

投資信託の購入方法・買い方


投資信託の購入方法・買い方
投資信託は現在、多くの金融機関で販売されています。
証券会社のほか銀行・信用金庫や、保険会社、さらに郵便局でも販売を取り扱っています。
投資信託の運用会社のなかには、直接販売を行っている会社もあります。
また、こうした販売会社は、店舗窓口、外務員のほか、インターネットやフリーダイヤルでも申し込みを受け付けています。


投資信託の購入方法を選ぶ

自分のニーズに合わせて大きく二つに分けます。

「自分に適した投資信託の選択や買付け時期などについて、アドバイスも受けたい」
という場合は、証券会社・銀行・郵便局など販売会社の窓口担当者に相談しながら購入する。

「投資信託の選択などは自分でできる、窓口担当者などと接触したくない」
という場合は、ネット証券、投資信託運用会社の直接販売、証券・銀行などのネット・電話取引などを利用して購入する。

という購入方法が考えられます。
どちらの方が自分にあっているか判断して投資信託の購入をすれば良いと思います。


投資信託などの買い方(ドルコスト平均法)

投資信託のように日々値段が動く商品は「安い時に買って高い時に売る」ことが理想です。
しかし、それを実践するのはとても難しいと思われます。
「もう底値だろうと思って買ったら、まだ下がりつづけた」とか、「まだ下がるだろうと思っていたら、もう底値だった。その後ドンドン上がってしまい買い時を逃した」といったことは良くあることです。

そこで考えられる投資方法が「一度に多額を投資するのではなく時間を分散して投資をすること、そして定額を投資していくこと」です。
時間分散は投資対象の分散などと並ぶ分散投資の一種で、高値で買ってしまうリスクを回避する手段として有効です。
そこで定額投資の意味について考えてみましょう。
毎月1万円など一定金額を投資しますと、「基準価額が安い時にたくさんの量を買い、基準価額が高い時には少ない量を買う」ので、平均コストを下げることができます。
このように定期的に定額投資をして買付けコストを下げる投資方法を「ドルコスト平均法」といいます。









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ