2037年10月米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 2037/10

投資信託の特徴

投資信託の特徴
投資信託の主な特徴を挙げると以下の点があります。

少額の資金で始められる
運用を委託できる
分散投資によりリスク低減が期待できる
いろいろな資産や国・地域に投資できる


投資信託の最大の特徴は、少額から投資を始められる点にあります。
投資家からの資金を集め、1つにまとめて運用を行うので、一人一人の資金は少なくても効率のよい運用ができます。
運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。
集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。
投資信託は、「ファンド」とも呼ばれています。

» 続きを読む


投資信託の選択はライフプラン・マネープランから

投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
ライフプランに沿ったマネープランを立てる

投資信託は、投資対象資産や運用方法、さらに収益の分配方法などによって、いろいろな種類があります。
資産運用の初心者にとっては、どの投資信託に投資したらよいのかは悩むところです。
投資信託を選ぶポイントは、まず投資する目的を明確にするとよいのではないでしょうか。
結婚資金、子どもの教育資金、住宅資金など将来の資産形成を目的としたもの、定年退職後の生活資金確保など、投資目的は人それぞれだと思います。
ライフプランを明確にすることで、いつ、いくら必要なのか分かってきます。
将来必要な資金の額が明確になれば、その資金をどのように貯めればよいのかというマネープランが立てられるようになります。

将来の資産形成を目的として投資信託を選ぶのであれば、分配を抑え運用成果をファンド内で再投資するような種類の投資信託がいいかもしれません。
退職金の運用や公的年金を補う目的で投資信託を選ぶとすれば、定期分配型の投資信託、というようにご自身のマネープランにあった投資信託を選ぶことができます。

» 続きを読む


投資信託の選び方

投資信託の選び方
投資信託の選び方としては、投資目的に応じ、保有期間を決め、そして購入商品が決まるといった流れになることが多いと思います。

投資信託にはいろいろな種類の投資信託があり、選び方の重要なことは、投資目的をはっきりさせることではないでしょうか。
「投資目的」によって「保有期間」が決まり、それによって購入する投資信託が変わってくるからです。
日本の投資家は「特別の目的を決めずに余裕資金を運用する」という意識で投資信託を購入した人が多いという結果がでています。
投資目的をはっきりさせると、保有期間のめどが決まり、それによって資産の効率的運用が可能になります。
たとえば、30代の人が「老後にそなえて」投資するなら30年ぐらい保有できることになり、「短期的な変動リスクはあっても長期的には高リターンが期待できる株式ファンド」で積極的に運用するという選択が可能になる訳です。
一方「不時の出費にそなえる」資金は、すぐに引き出せるMMFやMRFなどに置いておくことが考えられます。

これに対して目的が特になく、単に余裕資金運用ということだと、期間をはっきり決められないので、何となく安全商品に資金を寝かせてしまったり、リスクなどをあまり考えずにハイリスクな投資信託を購入してしまったりと運用効率が上がらないという結果を招くことにもなります。

「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの「運用期間」のめどをたて、その運用期間に適した投資信託(ファンド)を選ぶようにします。


» 続きを読む


低コストで幅広く分散投資された投資信託

低コストで幅広く分散投資された投資信託
長期での資産運用・資産形成を考えるときの投資信託選び方のポイントは

「世界中幅広く資産・銘柄などが分散されているか」
「信託報酬が安いか」
「販売手数料が無料か」
「分配金が少ないか(あるいは無いか)」
「純資産総額が大きいか」

などが特に重要ポイントとしてあげられますが、その条件にあった投資信託に
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」
があります。

» 続きを読む


投資信託の購入方法・買い方

投資信託の購入方法・買い方
投資信託は現在、多くの金融機関で販売されています。
証券会社のほか銀行・信用金庫や、保険会社、さらに郵便局でも販売を取り扱っています。
投資信託の運用会社のなかには、直接販売を行っている会社もあります。
また、こうした販売会社は、店舗窓口、外務員のほか、インターネットやフリーダイヤルでも申し込みを受け付けています。


投資信託の購入方法を選ぶ

自分のニーズに合わせて大きく二つに分けます。

「自分に適した投資信託の選択や買付け時期などについて、アドバイスも受けたい」
という場合は、証券会社・銀行・郵便局など販売会社の窓口担当者に相談しながら購入する。

「投資信託の選択などは自分でできる、窓口担当者などと接触したくない」
という場合は、ネット証券、投資信託運用会社の直接販売、証券・銀行などのネット・電話取引などを利用して購入する。

という購入方法が考えられます。
どちらの方が自分にあっているか判断して投資信託の購入をすれば良いと思います。


» 続きを読む


投資信託の仕組み・用語

投資信託の仕組み・用語
投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売され、多くの投資家からお金を集めます。
投資家から集めたお金はひとつにまとめられ、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管してもらいます。
運用会社は、集めたお金をどこにどうやって投資するのか考え、その投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図します。
このことを運用指図といい、運用会社がその権限を持っています。そして、信託銀行は運用会社の指図を受けて、株や債券の売買を行います。
投資信託は、販売・運用・資産の保管などの業務を行う、それぞれ専門の機関が役割を果たすことで成り立つ金融商品です。


投資信託 販売会社(証券会社、銀行など) の役割

販売会社(証券会社、銀行など) の役割
投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。また、投資家が資産運用する際の質問に答えたり、相談にのったりもします。
いわば、投資家と投資信託をつなぐ「窓口」だと言えます。


投資信託 運用会社の役割

投資信託運用会社の役割
投資信託を作り(設定)、投資家から集めた資金(信託財産)を運用します。
運用会社では、経済・金融情勢などに関するさまざまなデータを収集・分析し、専門家がノウハウを駆使しながら、信託財産をどの資産にどうやって投資するのかを考え、信託銀行に対して運用を指図します。投資信託を作り・運用する運用会社は、投資信託において最も重要な役割を果たしているといえるでしょう。
運用会社は投資信託の法律上、「委託者」と呼ばれます。


投資信託 信託銀行の役割

信託銀行の役割
投資家から集めた資産を大切に保管・管理します。
信託銀行は運用会社からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理を行います。なお信託銀行では、投資家から集めた信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)していて、いわば投資信託の金庫番のような役割を果たしているといえるでしょう。
信託銀行は投資信託の法律上、「受託者」と呼ばれます。



投資信託 基準価額

投資信託の値段のことを「基準価額」といいます。
投資信託には、取引を行う際の単位があって、それは「口(くち)」と呼ばれます。
例えば、運用を開始する時点で1口1円で購入できた投資信託は、運用を開始すると、1口の値段が運用の成果によって、変動していきます。

基準価額は、投資信託の一口あたりの値段のことで、投資家が投資信託を購入・換金する際は、基準価額で取引が行われます。
(1口1円で運用が開始された投資信託は、1万口あたりの基準価額を公表しています)

投資信託の資産のうち、投資家に帰属する額を「純資産総額」といいます。
この純資産総額を投資信託の総口数で割ると、一口あたりの価額、すなわち「基準価額」が算出されます。


投資信託 分配金とは

投資信託を購入した投資家は、購入した時点での基準価額より、換金時の基準価額が高ければ利益をあげることができますが、投資信託による利益はそれだけではありません。
投資信託には、「分配金」と呼ばれるお金を、投資信託の決算が行われる際に支払う仕組みがあります。

分配金は、投資信託が株式や債券に対して投資し、運用して得た収益を、保有口数に応じて投資家に分配するものです。
分配金は、投資信託の信託財産から支払われます。
そのため、分配金が支払われると、「純資産総額」および「基準価額」は下落します。
投資信託の分配金の支払いの方針は、投資信託によってさまざまです。
また、分配金の支払い頻度についても、毎月支払われるものから年1回だけのものまでと、投資信託によってさまざまです。
分配金の額も、決算の内容や分配方針によって変化し、状況によっては支払われないこともありますから注意が必要です。


投資信託の投資対象資産

投資信託の投資対象となる資産は株式と債券が中心ですが、最近では不動産などの「代替資産」を投資対象とするものも増えつつあります。
株式を投資対象にするものは、一般に債券を投資対象とするものに比べて、価格変動の度合い(リスク)が大きくなります。
債券を投資対象とするものでも、発行元の信用度によっては、リスクが高い場合もあります。
海外の外貨建て資産に投資するものは、外国為替相場の変動の影響を受けます。
投資対象の全部または一部について、外国為替相場の変動の影響を回避する手法(為替ヘッジ)を取り入れているものもあります。



投資信託の種類

投資信託の種類
国内株式型
主に国内の株式に投資している投資信託になります。
日本で上場している株式銘柄は4000銘柄以上ありますが、いろいろな手法で銘柄を選んで投資しています。
東京証券取引所(第一部)に上場している株式にまんべんなく投資しているものや、今後の成長が期待できるベンチャー企業だけに投資しているもの、環境に対する取り組みが積極的な会社を選んで投資しているものなど、投資対象によってさまざまな種類があります。

グローバル株式型
主に外国の株式に投資している投資信託になります。
世界中の株式に幅広く投資しているもの、アメリカ、ヨーロッパなどの先進国の株式を中心に投資しているもの、中国、インドなどの新興国の株式に投資しているものなどがあります。
日本の株式市場が軟調なときでも外国株式市場では堅調な値動きをすることもあります。
そのような外国株式への投資を簡単にできるのも投資信託のメリットです。
国内株式型と違い、為替の動きの影響を受けますが、その影響を小さく抑えるように運用する投資信託もあります。

国内債券型
主に国内の債券に投資している投資信託になります。
債券には、国が発行している国債のほか、都道府県や市町村が発行している地方債、企業が発行している社債があります。
金利が上がると価格が下がるという、債券独特の特徴があり、債券を発行している会社の信用度が下がると価格が下がることもあります。
MMFやMRF、公社債投信など、株式への投資は全く行わず、安全性の高い債券のみに投資する投資信託もあります。

グローバル債券型
主に外国の債券へ投資している投資信託になります。
アメリカ、ヨーロッパなど主要国の安全性の高い国債だけを選んで投資しているもの、安全性が低い(格付けが低い)会社の債券で利回りが高いものを選んで投資する投資信託もあります。
グローバル株式型と同じように為替の影響を受けます。

バランス型
株式や債券、不動産投資信託に投資している投資信託になります。
国内のみを対象とするタイプと、海外のみを対象とするタイプ、国内外の両方を対象とするタイプがあります。
株式と債券は値動きが異なることが多いため、株式だけに投資している投資信託よりリスクは抑えられることが多いです。
色々な投資信託を組み合わせる手間を省き、資産の分散、地域分散を同時に行える投資信託といってもいいでしょう。

派生商品型
派生商品型は、派生商品を積極的に活用するファンドで、派生商品をヘッジ目的以外に活用することが大きな特徴です。
先物・オプション取引など金融派生商品を積極的に利用するタイプの投資信託です。
派生商品は英語の「デリバティブ」の訳語であることから、デリバティブ投資信託とも呼ばれています。
派生商品を積極的に活用することで、相場の上昇局面だけでなく、下落局面でも利益が出せるような仕組みが投資信託で可能となりました。
ブルベアファンドと呼ばれるファンドがその例です。

ヘッジファンド連動型
基準価額の値動きがヘッジファンドの値動きに連動することを目的としている投資信託を一般にヘッジファンド連動型ファンドと呼びます。
特定のヘッジファンドのパフォーマンスへの連動を目指すファンドと、ヘッジファンドのインデックスへの連動を目指すファンドがあり、ヘッジファンドのインデックスへの連動を目指すファンドは、ヘッジファンド・インデックス連動ファンドやヘッジファンド・インデックス・ファンドとも呼ばれています。
ヘッジファンド連動型ファンドは、ケイマン諸島など海外で設定された外国籍投資信託が主流で、円建て、ドル建て、ユーロ建てのものがあります。
外国投資信託の商品分類では、「債券派生商品型」や「その他」に分類されていることが多いようです。

不動産投資信託
不動産投資信託とは不動産で運用する投資信託です。
不動産投資信託はオフィスビルやマンションなどの不動産に投資し、賃貸収入や価格上昇による利益の獲得を目指します。



おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】

おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
公社債投資信託には、長期の公社債を中心に運用する投資信託(長期公社債投信)、安全性の高い短期公社債を中心に運用する投資信託(MMFなど)、証券総合口座用投資信託(MRF)などがあります。
安定的な運用に欠かせない おすすめ投資信託です。


MRF
信用度が高く残存期間の短い内外公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、安定した収益の確保を目指して安定運用を行っています。
なお、組入れ有価証券および金融商品の平均残存期間は90日以内としています。
MRFは、毎日決算を行い、運用実績に応じて運用収益の全額を分配します。
分配金は、税金を差引いたうえ、1ヵ月分をまとめて原則として、毎月の最終営業日の前日の基準価額で再投資します。
MRFは証券総合口座専用の投資信託です。
申し込みは1円以上1円単位(1口=1円)で、いつでも申し込みが可能で、申込手数料はありません。
解約単位は1口単位で、いつでも解約でき、解約手数料はありません。


» 続きを読む





コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ