資産運用初心者
  1. Top
  2. » 2037/07

J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ

J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
J-REIT(ジェイ・リート)とは、日本版不動産投資信託のことです。
2001年9月に登場した比較的新しい投資商品で、低金利の現在でも3%~6%と日本国内を投資対象とする金融商品の中で、相対的に高い分配利回りを期待できる金融商品として個人投資家の注目を集めています。

REIT(Real Estate Investment Trust)とは、不動産を所有・運営するために創られた法人です。
投資家にとって、REITへ投資するということは、間接的に不動産へ投資することになります。

J-REITは、投資家から集めた資金をもとに、複数の不動産を購入します。
不動産で得られる賃料収入等をもとに、投資家は法人税が課税される前の利益のほぼ100%を分配金として受けることができます。
それが分配利回りが高い要因です。

J-REITの投資先は、オフィス、住居、商業施設、ホテルなどがあります。


REITの魅力

REITの魅力は一般的には下記のようなことが挙げられます。

少額で不動産投資が可能
不動産投資の分散投資が可能
換金性が高い
プロが運用する


J-REITは、不動産を証券化した金融商品なので、1万円程度の少額から不動産投資ができます。
不動産は、適切に管理運営されているものであれば、賃料収入は比較的安定していると期待されます。
複数の不動産に投資しているため、テナント数が多く、実物不動産への投資と比較すると、格段にリスクが分散されています。
J-REITは市場に上場しているため、売却価格は証券市場に表示されていて、証券会社を通してネットで購入・売却ができるので、ほとんど手間がかかりません。
また、不動産の売買や運営を経験豊富なプロが行っています。
J-REITは、少額から始められる不動産投資として、魅力的な点が多く存在します。

REITを購入し資産運用をするということは、不動産からの賃貸収入や売却益が安定していれば、REITを保有しているだけでリターンがありますので、資産運用の心強い存在でもあります。


J-REIT投資が良い理由

世界最大の人口圏である東京圏の不動産に投資できる
為替変動リスクを取らなくても高い分配利回りを期待できる

東京を中心とした大都市で、大規模で魅力的な再開発が今後も爆発的にすすんでいくといわれています。
そして現在、日本の法人の年間の賃借料30兆円ともいわれています。
こういった巨額な賃料の一部がJ-REITの収入になるということです。

日本は依然として低金利で、今後もしばらくは低金利が続くと思われますが、高金利を求めて外国債券などを購入する場合は、為替変動リスクを取らなくてはなりません。
J-REITの場合、為替変動リスクを取る必要がなく、日本国内を投資対象とする金融商品の中で、相対的に高い分配利回りを期待できます。


J-REIT投資にETFが良い理由

数あるJ-REITの銘柄に効率よく投資するには、投資信託を利用する方法がありますが、投資信託の中でもETFを利用する方法がおすすめです。
J-REITを幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でもETFを利用するのがおすすめです。

ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
また、ETFは、上場している市場の取引時間内であれば、リアルタイムでファンドの売買ができます。


ETFを使うメリットは

長期的なコストを安く抑えられることができる
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引ができる
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できる
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できる
などがあります。

ETFは、一般的な投資信託よりも信託報酬という投資家のコストが安く設定されていることが多い金融商品です。


おすすめのJ-REIT ETF

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(銘柄コード:1343)

東証REIT指数の値動きに連動するように設計されているETFです。
東証REIT指数に採用されている銘柄または採用が決定された銘柄の不動産投資信託証券のみに投資を行ない、東証REIT指数に連動する投資成果を目指します。

東証REIT指数とは、東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした「時価総額加重型」の指数です。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(銘柄コード:1343)
は楽天証券で購入することができます。
>>口座開設・資料請求はこちら

長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ

長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
長期的に株式を保有するという投資戦略の場合、米国株と新興国株の長期保有は外せないでしょう。
株価は、長期的に持続的な成長が期待できる企業の株価が上昇するのではないでしょうか。

人間の欲望がある限り、世界経済は持続的に成長していくといわれています。
そして、資本主義の下では自由、競争、イノベーションのうねりがやむことはないでしょう。

とくに、アメリカ(米国)はイノベーションやグローバリゼーションの先頭を走っていますから、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できるのではないでしょうか。
そして、今後、ブラジル、インド、中国などの新興国(エマージング・マーケット)では、人口が増加し、若年層の労働力化が進み、安定的な消費をする人の層が広がることによって内需が拡大し、企業が成長する経済成長段階に入っています。

また、2050年のGDPランキングの予想では、1位中国 約70兆ドル、2位アメリカ 約38兆ドル、3位インド 約37兆ドル、4位ブラジル 約11兆ドル そして日本は、8位 約6兆ドルと予想されています。

以上のことから、長期投資の銘柄選びなら、米国株と新興国株がおすすめということになります。
世界を代表するグローバル企業の株式に投資できれば、業種のなかでも競争力があり、他の追随を寄せつけないような企業の株主になるということなので、安定した配当も期待できるといったメリットもありますし、何より潰れるリスク、つまり信用リスクも低くなるということです。
世界で時価総額の大きいグローバル企業群の株式は、信用リスクが低く長期的に安心して保有できるので、配当を再投資して保有株数を増やして、資産を増やしていくという長期投資戦略の場合に効果を期待できそうです。
価値ある資産に長期投資し、長期的に保有すれば、その資産がお金を生み出してくれるということです。
特に米国株は次に挙げる理由から長期投資の銘柄ポートフォリオの中心にしておくことをおすすめします。


米国株を長期投資の銘柄ポートフォリオの中心にする理由

アメリカは、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる
アメリカは、株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一
アメリカは、世界を代表するグローバル企業群が多数



長期的に持続的な経済成長が期待できる

米国が今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる理由のひとつに、人口増加率の高さがあげられます。
アメリカの人口は、移民の増加もあって、年率2%以上で増加しているといわれています。
人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらします。

アメリカ経済の潜在成長率の高さの理由に、その生産性の高さがありますが、それは高度な基礎科学と応用技術、そしてイノベーションの波がアメリカの高い生産性を支えているのです。

アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれています。
安定したインフレ率の下で、長期的成長率が高いほど、企業利益の成長率も高まります。
そして、株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。

コーポレート・ガバナンスが世界一

株式というのは、会社が返済期限も元本保証もなく発行する証券です。
そんなリスクの高い証券に投資するのですから、投資家が適切な判断ができるよう、あらゆる情報が開示され、公正なルールが確立されていなければなりません。
コーポレート・ガバナンス(企業統治)がしっかりした企業、市場に投資したいと思うのは投資家としては当然です。

アメリカのコーポレート・ガバナンスは、エンロン・ワールドコムのような事件をきっかけに、結果的にはさらに強化される事になりました。
これが米国株に投資する投資家の安心感につながっているのです。
せっかく良い企業を見つけて投資していても、利益が嘘だった、経営陣が不正を働いていた、利益は投資家にはほとんど配分されなかった 等の事態が発覚すれば、何のために投資していたのか分かりませんので。

世界を代表するグローバル企業群

アメリカの企業は、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あります。
米国内だけでなく、世界でビジネスを展開していますから、世界各国の収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。
このようにグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。

米国の代表的なグローバル企業をいくつかあげると以下のようなグローバル企業があります。

ジョンソン&ジョンソン、プロクター&ギャンブル(P&G)
コカ・コーラ、ファイザー、エクソン・モービル、シェブロン
3M、ゼネラル・エレクトリック(GE)、ウォルマート
クラフトフーズ、マイクロソフト、インテル、IBM

上記のような企業の株式に長期投資する場合、海外ETFを利用して長期投資することをおすすめします。
ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
海外ETFを利用することで銘柄を幅広く分散することが可能になり、価格変動リスクや信用リスクを低減でき、長期的な運用コストも抑えられます。


長期投資に利用したいおすすめ海外ETF銘柄

米国株式

Vanguard S&P 500 ETF
バンガード・S&P500ETF(VOO)
米国の主要業種を代表する大企業の500銘柄で構成されるS&P500インデックスに連動した動きを目指します 。

Vanguard Total Stock Market ETF
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
MSCI USブロードマーケット・インデックスはMSCI USインベスタブル・マーケット2500とMSCI USマイクロキャップ・インデックスを組み合わせたインデックスです。
大型、中型、 小型および超小型銘柄を含む米国株式市場の時価総額の99.5%以上をカバーします。

iShares Dow Jones Select Dividend Index
iシェアーズR ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド(DVY)
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。

エマージング・マーケット(新興国株式)

Vanguard Emerging Markets ETF
バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF(VWO)
欧州、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの新興諸国を網羅するMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動した動きを目指します。

世界を代表するグローバル企業株式

iShares S&P Global 100 Index
iシェアーズ S&P グローバル100 インデックス・ファンド(IOO)
S&Pグローバル100インデックスへの連動を目指すファンドです。
世界の調整後時価総額50億ドル以上の多国籍企業約100銘柄に投資する海外ETF。

全世界を代表する企業約2,900銘柄の株式

Vanguard Total World Stock Index ETF
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
先進国やエマージング市場を含む47カ国、約2,900銘柄を網羅するFTSEオールワールド・インデックスに連動した動きを目指します。


  上記の海外ETFは楽天証券で購入することが可能です。
>>グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

インデックス投資【おすすめの株式投資法】

インデックス投資【おすすめの株式投資法】
インデックス投資とは簡単に言うと市場平均に投資するということです。
市場平均というのは、日本の株式であれば日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのことを指します。
米国株式であればS&P500インデックスという指数があります。
米国株で日本で最も有名な株価指数は「ニューヨークダウ」というのがありますが、ニューヨークダウは米国企業の大型株30社銘柄のみですが、一種の市場平均です。
そして世界の株式市場全体の株式指数では、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス という株式指数もあり、これは世界の株式市場の平均です。
インデックス投資とは、こういった市場平均の株価の値動きに連動するように設計されているインデックスファンドに投資する株式投資の手法です。

個人投資家が株式投資をするなら、インデックス投資で「じっくり中長期的に運用しよう」と思ったほうがよいと思います。
長期間株式市場にとどまり続ける。それが個人投資家が比較的簡単にできる株式投資戦略です。

では、インデックス投資の株式投資はなぜメリットがあるのでしょうか。

投資のプロである証券会社などのファンドマネージャーなどは、あらゆる分析などから銘柄を決定していますが、中長期的に市場平均のリターンを上回る成績を残せるプロのファンドマネージャーは、ほとんどいないといわれています。
これは、プロのファンドマネージャーの実力が無いというこではなく、マーケットの中でプロ中のプロ同士が壮絶な競争をしているからこそなのです。
プロ同士の競争の結果が市場平均になるわけですから。
そんなマーケットの中で、株式投資の初心者が割安と思われる銘柄を見つけ出して買っても、そうそう利益は見込めないでしょう。
たまたま運よく短期的に株価が上昇しても中長期的には難しいと思われます。

そうであるならば、いっそのこと個別の株式銘柄を選んで買うのはやめて、プロ同士の競争の結果である株式市場の平均を買ってしまえばよいのでは という考え方がインデックス投資です。
株式市場平均をまるごと買ってしまえば、市場平均(インデックス)のリターンを享受でき、中長期的に、多くのプロのファンドマネージャーの成績を上回れるのです。
これこそがインデックス投資が株式投資の戦略のメリットです。
これは、日本の株式投資だけではなく、米国株式投資などの外国株式投資でも同じです。
また、中国株式やその他のエマージングマーケットの株式投資にもあてはまります。

では、株式市場平均(インデックス)を買うにはどうしたらいいのか
ネット証券などで購入することができるインデックスファンドという投資信託やETF(上場投資信託)を購入すればよいのです。





コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ