資産運用初心者
  1. Top
  2. » 2037/04

債券市場の役割とは


債券市場の役割とは
債券市場の役割は、政府や企業が発行した債券(借用証書)を売買する市場です。

国債などが取引される債券市場には、新たな債券を発行する場と、既発行の債券が流通する場があります。
債券を取引する債券市場は、その役割から2種類に分けられます。

1つは新たに発行された債券を投資家に売りさばく発行市場、もう1つが既に発行された債券を投資家どうしで取引する流通市場になります。

債券市場の役割

発行市場で最も多く発行されているのは国債です。
国債を購入しているのは主に銀行や保険会社、厚生年金基金などの機関投資家です。

流通市場での取引は、証券取引所での取引と証券会社を通じた店頭取引(投資家の売買注文を証券会社などが自ら売買相手となって行う取引)の2種類に分けられます。

債券市場において、現在のところ個人の参加はほとんどなく、プロの金融機関同士の取引が中心となっています。
一般に億単位で行われるのが国債などの取引で、場合によっては数千億円が一度に取引されることもあるようです。

国債などの売買は、証券取引所においても行われていますが、その売買のほとんどが、店頭取引で行われています。
銀行や証券会社などの投資家の売買の相手方はそのポジションの調整のために、日本相互証券に代表される仲介業者を通じての取引も行っています。





複利の力をより高める米国株式投資手法


複利の力をより高める米国株式投資手法
複利の力をより高める投資手法としては、米国株の連続増配銘柄に投資し、配当を再投資していく投資手法があります。

配当再投資は、よく言われている複利の力を享受する方法の一つですが、過去何十年にも渡って連続増配している銘柄に株式投資することで、保有する銘柄の1株あたりの配当金が増配によって勝手に増えていくので、複利の力をより高める効果があります。

» 続きを読む





米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か


米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
株式投資における配当金は、企業の剰余金の一部から、株数に応じて株主に分配される企業の株主還元の1つです。
配当利回りは、1株当たり年間配当金が株価に対して何%に相当するかをみるものです。

配当成長銘柄


米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは、配当利回りの高さだけではなく、長期間にわたり連続配当を続けている企業に投資する株式投資戦略です。


» 続きを読む









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ