資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  株式投資入門&悩み解決

株式投資で最も重要なことは何か

株式投資で重要なこと

株式投資で重要なことは「大きく負けないようにすること」です。

株式投資を始める方が多くいる一方で、株式投資をやめてしまう方も大勢います。
なぜ株式市場から退場していくかといえば「大きく負けてしまったから」という方が多いのではないでしょうか。

株式投資で大きく負けないようにするためには、

「投資する銘柄の見極め」
「売買のタイミング」
「損切り」


が重要になってきます。

大きく負けることさえ避けられれば、何度となく訪れる大チャンスに乗ることもできるでしょう。





株式投資で損切りは必要なのか

なぜ株式投資で失敗するのか

株式投資で失敗しない、負けないためには「なぜ失敗してしまうのか」をまず知ることが必要です。

株式投資の損切り

株式投資で失敗した、と感じるのは、主に
「買った株の株価が大きく値下がりしてしまい、売るに売れず塩漬け状態になってしまった。」
という場合が多いのではないでしょうか。
こういうことは資産の大部分を失いかねない致命的な大失敗につながりかねませんので、何としても避けなければなりません。

株価が買値から20%30%と下落している程度ならまだしも、運悪く高値掴みをしてしまった場合などは、買値の5分の1、10分の1、それ以下にまで株価が下落してしまうこともあります。
株価が買値から10分の1にまでなってしまったら、もう成す術はありません。
思い切って処分してしまうか、株価が上がるのをあてもなく待ち続けることぐらいしかできません。

株式投資で多くの個人投資家が大きな失敗をする理由の多くは、含み損を抱えて身動きがとれなくなるまで株を持ち続けてしまう ということが多いということです。
逆に、これさえ回避できれば、株式投資における致命的な失敗の多くは避けられるのではないでしょうか。

株式投資における致命的な失敗を避けるためには

「損切りルールを設定し、それを守る」
「株価が下がっている途中では買わない」


以上の2点が重要です。

この2つさえ実行することができれば、大きな負けを避けることができるはずです。

「株価が下がっている途中で買わない」ことを徹底すれば、株価が上昇トレンドにあるときにだけ買うことになりますから、買った後で株価が大きく下がって塩漬け状態になることはかなり減少させることができるはずです。

2つのうちどちらか1つ実行するだけでも、大負けの可能性はかなり縮まりますが、2つとも実行するのが最も効果的です。

株式投資に限らず、儲けの基本は「安く買って高く売る」ことです。
損切りをどうしてもしたくない、もしくはできない方は、できるだけ安く買うことを心がけ、持ち株が多額の含み損を抱えることのないようにする必要があります。


でも損切りは本当に必要なのでしょうか

優良銘柄なら、大きく値下がりしても、そのうち回復するはずです。
損切りして、後に株価が回復してから買い直すなら、含み損が拡大していても保有し続けた方が良いのではないでしょうか。

確かに損切りして、暴落の大底で買い直すことが出来れば得になりますが、株価のピークや大底は誰も予想することが出来ないのですから、そんな上手くいくはずありません。

保有している銘柄が値下がりしても「長期的にこの銘柄の株価は上がる」という確信があるなら、「損切りなどせず保有し続けるべき」という考えもあります。




EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか

1株あたりの純利益がどれくらいなのかを価格で表したものです。
EPSの推移を見れば、企業の成長度が簡単に分かります。

EPS(Earning Per Share)は、1株あたり純利益とも呼ばれています。

EPS = 当期純利益÷発行済み株式数 で求めることができます。

つまりEPSとは1株当たりの儲けの大きさを意味しているため、値が大きい方が良いということです。
EPSの推移に注目すると良いのではないでしょうか。
EPSはPERの算出に使われるために、株式投資では重要で信頼の置ける指標です。


EPSが上がる要素は、

純利益が増える
発行済み株式数が減る


このどちらかによりEPSの数値は上がります。
発行済み株式数が減る場合は、企業が「自社株買い」をした時と「株式併合」をした場合です。

自社株買いを毎年定期的に行い、EPSの価値を高めている企業は、株主への利益還元対策をしっかりと行なっている優良企業であると思われます。






PER(株価収益率)で何がわかるのか

PERは「今の株価が1株あたり利益(EPS)の何倍に当たるのか」がわかります。

PER(Price earnings Ratio)は、 株価収益率とも呼ばれています。
ピー・イー・アールと呼ぶ方が多く、単位は倍です。
PER = 株価 ÷ EPS(1株当たり利益)で求めることができます。

株式投資を行う場合、目的は様々ですが誰しも、安く買い、高く売りたいと思う方が多いと思います。
割安な株を見つける指標の一つにPERという指標があります。
PERという指標を使うことで、銘柄の株価が割安か割高かが分かります。

企業の収益力と株価を比較することによって、株価がどの程度の水準にあるのかがわかる指標です。
PERは株価が1株あたりの利益に対してどのような水準にあるかを知る尺度になりますが、倍率が高ければ株価は割高、低ければ割安であると判断します。

PERから見た投資適正水準は、一般的に10~30倍程度といわれています。
PERには、これ以下が割安で、これ以上が割高といった明確な基準がありませんが、アメリカでは長年15~20倍くらいが普通といわれているようです。

簡単に言うと、企業の出す利益に対して、今の株価が安いのか高いのかを判断する指標ということです。
また、同業他社と比較することで、割高なのか割安なのかを判断するときにも便利な指標とされています。

優良企業ならば株価が上昇し、そうなるとPERも大きくなる傾向にあります。
PERが高ければ、人気がある銘柄のため株価が割高で、投資効率が低いと考えられます。

PERが低ければ、その銘柄は割安と考えられますが、将来性などの材料を懸念して、投資家が買い控えることで株価が上がらずにいる場合、株価が小さくなるので、PERは低くなってしまいます。
こういう場合もあるので、低PERだからといって今後株価が上昇していくとは限りません。


PER活用のポイント

低PERは割安である可能性が高い
投資適正水準は10~30倍が一般的
低PERであっても今後の株価は上昇するとは限らない







BPS(1株あたり純資産)で何がわかるのか

BPSとは、「Book Value Per Share」の頭文字をとった略語で、1株あたりの純資産(株主資本)を示します。
つまり、株主(投資家)のお金ということです。
BPS(1株当たり純資産)は企業の安定性を見る指標です。
BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになります。
BPSを1株あたりの解散価値、と呼ぶこともあります。


BPSは、以下の算出式で求められます。

BPS = 純資産(株主資本) ÷ 発行済み株式数

BPSの値が大きいと一般的には安定した企業と言えます。
BPSを見るうえでは、BPSの推移に注目すると良いのではないでしょうか。
過去7~10年くらいのBPSの推移を見て、順調にBPSが増えているようなら、その企業に株主のお金が順調に積みあがっているということになります。

企業が事業で利益を出し、報酬や給料など経費を差し引いた後の利益(純利益)が株主のものとなり、配当として利益配分されます。
株主への利益配分のすべてを配当として利益配分せずに企業に蓄えることを利益剰余金(内部留保)といいますが、この内部留保の積み上げがBPSの積み上げになります。
BPSの増加こそ、企業の成長ともいえます。





メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)