資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  ETF入門

ETFの売買はどのようにするのか

ETFは、証券会社が取り扱っています。
証券会社を選んで口座を開き、その証券会社の店舗またはネット経由でETFの売買をします。

ETFの売買

個人投資家がETFを買う場合、証券会社に買い注文を委託します。
このとき売買委託手数料と呼ばれる手数料が発生します。


ETFの買い方

証券会社を選んで口座を開きます。
(総合取引口座と外国証券取引口座を開く必要があります。)

総合取引口座にあらかじめ入金をしておきます。
外貨建ての海外ETFを買う場合は外国為替取引(外貨に両替)します。

次に買いたいETFの銘柄と何口買うか(数量)を決めたら、買い注文を出します。
注文を受けた証券会社が証券取引所でETFを買付できたら注文が成立します。
このことを約定といいます。
買ったETFは、証券会社が保護預かりしてくれます。


ETFの売り方

売りたいETFの銘柄と何口売るか(数量)を決めたら、売り注文を出します。
注文を受けた証券会社が証券取引所でETFを売却できたら注文が成立します。
売却代金が自分の証券口座に入金されます。





カテゴリ:ETF入門 |

ETFの売買は成行注文と指値注文どちらが良いのか

日本国内のETFの売買であれば成行注文で問題ないと思います。

海外ETFの場合は指値注文が良いでしょう。


アメリカや香港の証券取引所では、日本の証券取引所のようなストップ高・ストップ安という概念がありません。
そのため、成行注文を出すと、マーケットの状況によっては想定以上に高い価格または安い価格でETFを売買してしまうことが起こりえます。
このような事態を避けるため海外ETFの売買は指値注文のほうが無難でしょう。

ETFの売買

ETF取引は次の3原則で売買が成立します。

価格優先の原則

買うときは価格が高い注文、売るときは価格が低い注文が優先。


時間優先の原則

同じ価格であれば時間が早い注文が優先。


成行優先の原則

指値注文より成行注文が優先。



※指値注文とは値段を指定した注文
※成行注文とは値段を設定せずなりゆきに任せる注文





カテゴリ:ETF入門 |

ETFにも配当はあるのか

ETFが投資している株式や債券やREITなどの資産から生じる配当や受取利息や分配金などが「分配金」として投資家に支払いされます。
投資している資産の値上がり益は分配の原資に含まれないのが特徴です。

ETF配当

原則として信託財産から生じる配当や利息などの収益を原資として、そこから信託報酬やその他の費用を差し引いた残りの全額を出資額に応じて分配するのが一般的です。

金ETFなどコモデティに投資するETFは資産自体に配当や利息がないため分配金はないことが多いです。

分配金を払い出す頻度はETFによって異なります。
毎月分配するタイプや隔月分配のタイプがあります。

分配金を受け取るためには、権利確定日にETFの保有者になっていなければなりません。





カテゴリ:ETF入門 |

ETFは分配金の再投資ができるのか

ETFの場合、国内の証券会社では、分配金を自動的に再投資できるところはありません。
ETFの場合、分配金は受け取ることしか選択はできません。
再投資したいときは、払い出された分配金を使って、自分で同じETFを購入するという手間が必要になります。

ETF分配金再投資

ETFを大口で保有していれば、受け取る分配金もまとまった金額になるので、同じETFに売買手数料を払って再投資することができます。
保有額が小口で受け取る分配金が少額であれば、分配金をプールしておき、ETFの最低必要投資金額を超えた時点で同じETFを購入する、という方法をとるしかありません。

一般の投資信託の場合、自動的に分配金を再投資することができるのが一般的です。
ETFの分配金は受け取る以外の選択肢はないので、受け取った時点で課税されます。
また、同じETFに再投資するときには売買手数料がかかってしまうので、手間とコストがかかってしまいます。

アメリカでは、DRIP (Dividend Re-Investment Program)と呼ばれる配当再投資計画を提示している証券会社を通じてETFを購入すれば、分配金の再投資が可能のようです。





カテゴリ:ETF入門 |

資産運用おすすめツール[ETF コンテンツ]

投資信託の中でもおすすめなのは、ETFという証券取引所に上場されている投資信託です。
ETFは証券会社で購入することが可能です。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、指数連動型上場投資信託ともいわれています。
また、海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。

ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいことがメリットとなります。
ETFは一般の投資信託よりも運用コスト(信託報酬)が安く設定されていることが多いので、長期的に保有する場合はコスト面で有利です。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。






カテゴリ:ETF入門 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)