債券市場と株式市場 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 債券市場と株式市場

世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模

世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
世界の債券市場の規模 99.9兆ドル(2012.3)

米国   26.4兆ドル
日本   14.1兆ドル
フランス 3.6兆ドル
中国   3.4兆ドル
イタリア 3.0兆ドル


世界の株式市場の規模 30.2兆ドル(2012.11)
(浮動株調整後の株式時価総額)

米国(45.1%)
英国(8.3%)
日本(6.9%)
カナダ(3.8%)
フランス(3.8%)

世界の債券市場

世界の債券市場の規模が2012年3月現在で100兆ドル近く(99兆8590億ドル)になったようです。
これは、世界の株式市場の規模 30.2兆ドル(2012.11)の3倍以上の市場規模になっているようです。

» 続きを読む


債券市場の役割とは

債券市場の役割とは
債券市場の役割は、政府や企業が発行した債券(借用証書)を売買する市場です。

国債などが取引される債券市場には、新たな債券を発行する場と、既発行の債券が流通する場があります。
債券を取引する債券市場は、その役割から2種類に分けられます。

1つは新たに発行された債券を投資家に売りさばく発行市場、もう1つが既に発行された債券を投資家どうしで取引する流通市場になります。

債券市場の役割

発行市場で最も多く発行されているのは国債です。
国債を購入しているのは主に銀行や保険会社、厚生年金基金などの機関投資家です。

流通市場での取引は、証券取引所での取引と証券会社を通じた店頭取引(投資家の売買注文を証券会社などが自ら売買相手となって行う取引)の2種類に分けられます。

債券市場において、現在のところ個人の参加はほとんどなく、プロの金融機関同士の取引が中心となっています。
一般に億単位で行われるのが国債などの取引で、場合によっては数千億円が一度に取引されることもあるようです。

国債などの売買は、証券取引所においても行われていますが、その売買のほとんどが、店頭取引で行われています。
銀行や証券会社などの投資家の売買の相手方はそのポジションの調整のために、日本相互証券に代表される仲介業者を通じての取引も行っています。





コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
「配当成長株投資法」で、「お金を強力に生み出す資産」を獲得できる!
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ