資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  NASDAQ

ナスダック(NASDAQ)

NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向けの株式市場です。
開設当初は、世界初の電子株式市場として世界中の注目を集めました。

通常の取引所とは異なり、距離の離れたマーケット事業者がコンピュータネットワークを使用して売買気配値を提示しています。
各企業を表わす4桁以上のアルファベットが通常ナスダック内の証券コードとして使用されています。





米国株式の代表的な株価指標

ダウ工業株30種平均(NYダウ)
ウォールストリートジャーナル紙の創始者として知られるチャールズ・ダウによって開発されたダウ・ジョーンズ平均株価(NYダウ平均)のひとつ。
ダウ工業株平均の採用銘柄はいずれも米国の各業界を代表し、世界的にも知名度が高い大型優良企業が揃っており、米国の株式市場を代表する指数となっています。
インテル、マクドナルドなど世界規模で事業展開している企業が採用されています。


ナスダック総合指数(NASDAQ)
NASDAQで取り引きされているすべての銘柄の時価総額加重平均で算出したもので、1971年2月5日の株価を基準値100としています。
ハイテク、バイオ関連銘柄が数多く、比較的歴史が浅い企業が多く上場しています。
代表的な企業として、アップル、インテル、グーグルなど。


S&P500指数
アメリカの有力格付け会社スタンダード&プアーズ社が1923年から発表している全主要業種を代表する500銘柄の時価総額加重平均指数のことを指します。
ニューヨーク・ダウ工業株30種平均よりも幅広い分野の株式をカバーしており、世界の機関投資家の運用実績を測定するベンチマークとして幅広く利用されています。




メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)