資産運用初心者
  1. Top
  2. » EPS株式併合

EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか


EPS(1株あたり純利益)で何がわかるのか
1株あたりの純利益がどれくらいなのかを価格で表したものです。
EPSの推移を見れば、企業の成長度が簡単に分かります。

EPS(Earning Per Share)は、1株あたり純利益とも呼ばれています。

EPS = 当期純利益÷発行済み株式数 で求めることができます。

つまりEPSとは1株当たりの儲けの大きさを意味しているため、値が大きい方が良いということです。
EPSの推移に注目すると良いのではないでしょうか。
EPSはPERの算出に使われるために、株式投資では重要で信頼の置ける指標です。


EPSが上がる要素は、

純利益が増える
発行済み株式数が減る


このどちらかによりEPSの数値は上がります。
発行済み株式数が減る場合は、企業が「自社株買い」をした時と「株式併合」をした場合です。

自社株買いを毎年定期的に行い、EPSの価値を高めている企業は、株主への利益還元対策をしっかりと行なっている優良企業であると思われます。










コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ