ASEAN株式投資 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » ASEAN株式投資

新興国投資には海外ETFの利用がおすすめ

新興国投資には海外ETFの利用がおすすめ
新興国の株式市場や債券市場への投資が年々注目度を増してきています。

新興国市場(エマージング・マーケット)は、中南米やロシア、東欧、東南アジア(ASEAN諸国)などが挙げられますが、代表的な地域ではBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)が知られています。
BRICsの次には、VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ共和国、トルコ、アルゼンチン)やNEXT11(バングラデシュ、エジプト、インドネシア、イラン、韓国、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナム)といった地域への投資も注目されています。
特に東南アジア(ASEAN諸国)への投資が注目を集めているようです。


新興国投資の魅力

先進国の成長率は鈍化しているが、新興国では当分の間は高い成長率を期待することができことが魅力となっているため、より高いリターンが期待できるといわれています。
また、政治状況や社会環境の変化により債務の返済、投融資の回収ができなくなるカントリー・リスクや、市場の非成熟による低流動性により、株式や債券を

希望する価格や時期に売却できない流動性リスクがあるため、ハイリスク・ハイリターンな投資対象であるともいわれています。
新興国投資は、リスクも伴いますが、大きなリターンを期待できる投資になります。
近い将来経済大国に成長する可能性を秘めた新興国投資は、とても魅力的です。

新興国の中流階級の所得が急速に増加していることは、新興国の内需を大きく押し上げる効果が期待できます。
さらに、新興国の対外貿易は拡大していて、財政収支も比較的好調であることから、新興国の成長モメンタムは、維持される見通しです。
これらのことから、新興国の企業収益の大きな伸びが期待されることで、新興国株式市場は、一段高の展開となると期待されています。


新興国株式投資

中国やインドなどの新興国の現物株に個人が投資するのは、ハードルが高いというのが現状です。
新興国を投資対象とするETFが数多く上場していますので、それら新興国投資を対象とした海外ETFを利用することが新興国投資にはおすすめです。

ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
海外ETFとは、海外の証券取引所に上場されているETFのことで、海外ETFは、日本の証券会社を通じて購入が可能です。
また、海外ETFは、上場している市場の取引時間内であれば、リアルタイムでファンドの売買ができます。

中国、インド、ロシア、台湾、韓国、南アフリカ、ブラジルを投資対象とする海外ETFなどは、日本国内の証券会社でも取り扱っていますので、日本にいながらにして、これら新興国に投資することができます。

新興国に興味はあるものの、新興国1カ国に投資するだけでもリスクが大きいと考える方には、新興諸国市場全体を投資対象とする海外ETFがおすすめです。
分散が効いたポートフォリオを購入することになり、また、その国の株式市場全体の動きに大体、連動するような投資効果が期待できます。

MSCIが算出するエマージング指数に連動することを目指す海外ETFはニューヨーク証券取引所に上場していますが、海外の投資家の間でも人気があるETF銘柄です。

MSCIエマージング指数は、新興諸国市場25カ国をカバーするインデックスで、構成国の中の比率上位は、中国、ブラジル、韓国、台湾、ロシアなどですが、このETFには新興国が軒並み入っていることから、新興国全般への分散投資を希望する投資家向けの海外ETFといえるでしょう。


投資信託との比較

中国やインドを連動対象にする海外ETFの運用コスト(信託報酬といわれる手数料)は、一般の投資信託に比べ、保有コストは海外ETFの方が低めに設定されています。
エマージング諸国を投資対象に運用する一般の投資信託でも、2%程度の信託報酬が徴収されるのが一般的です。
これに対して、MSCIエマージング指数に連動するETFの信託報酬は0.22%~0.72%と、保有コストの差があります。
長期的に新興国投資を考えている方には、運用コストが安い海外ETFを利用した新興国投資がおすすめです。


日本国内の金融機関で購入可能なおすすめ新興国海外ETF


新興国株式海外ETF

MSCI Emerging Markets Index Fund(EEM)
iシェアーズR MSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド
MSCIエマージング・マーケット・インデックスへの連動を目指します。
世界各国のエマージング・マーケット株式に投資します。

Vanguard Emerging Markets ETF(VWO)
バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF
MSCIエマージング・マーケット・インデックスへの連動を目指します。
幅広い新興諸国の株式市場への投資をします。

SPDR S&P Emerging MarketsETF(GMM)
SPDR S&P 新興国株式 ETF
SPDR S&P 新興国株式 ETFは、S&Pエマージング BMI 指数(ティッカー: STBMEMU)のトータルリターンに、経費控除前で、連動する投資成果を上げることを目標とします。


新興国債券海外ETF

JPMorgan USD Emerging Markets Bond Fund(EMB)
iシェアーズJPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド
JPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックスの価格及び利回りの実績に概ね対応する投資成果をあげることを目標としています。

SPDR Barclays Capital EM Local Bond ETF(EBND)
SPDR バークレイズ 新興国債券ETF
SPDRバークレイズ 新興国債券(現地通貨建て) ETFは、新興国の現地通貨建てソブリン債券の動きに連動する、バークレイズ・EMローカル・カレンシー・ガバメント・ダイバーシファイド指数(ティッカー: BLCD)の価格と利回りに、経費控除前で、おおむね連動する投資成果を上げることを目標とします。


上記の海外ETFは楽天証券で購入することが可能です。
>>グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!






コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
「配当成長株投資法」で、「お金を強力に生み出す資産」を獲得できる!
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ