資産運用初心者
  1. Top
  2. » 金融商品

ライフプラン実現のためのマネープラン


ライフプラン実現のためのマネープラン
現実の生活を把握することで、今、そして今後、お金がいくら必要なのかがわかります。
生活費に加え、近い将来の急な出費の為の蓄えは優先させなければなりません。
それらは、「リスクをとれない資金」ということになります。
そして、残りの部分を投資可能資金と考えます。
このバランスが見えたところで、貯蓄分と投資分で構成されるマネープランのポートフォリオが出来上がります。

実現したいライフプランの目標金額はいくらか 投資できる期間はどれくらいか 今ある資金と今後積立てが可能な資金が、投資資金になります。
実際にどのようなペースで増えていくことが必要なのかを考えます。
達成する為には、どのような資産に投資すればよいのか。
1つ1つを順番に考えていくことで、より具体的なポートフォリオができあがっていきます。

株や債券といった投資する資産の割合が決まったら、次はどんな商品を通じて投資するかを考えます。
株式を直接購入するのか 債券を直接購入するのか 手段はたくさんありますが、限られた投資資金ということを考えると、投資信託などパッケージ化された金融商品を活用することは効率がよさそうです。


資産運用のキーワード 長期投資と分散投資

» 続きを読む





資産運用の初心者におすすめの投資信託


資産運用の初心者におすすめの投資信託
長期的に資産運用の成果を得るためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、複利の効果を得ることが、運用成果を得る近道になるのではないでしょうか。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。

まず、資産クラス(アセットクラス)の配分を決定します。
例えば、債券に50% 株式に30% 不動産に20% というように各資産クラスの配分を決定します。
このことを「アセット・アロケーション」といいます。
投資成果の90%以上が、このアセット・アロケーションで決まってしまうともいわれています。

世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。

投資信託とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

» 続きを読む









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ