資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  米国株式投資

米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]

米国株の魅力

強いアメリカ経済と強いアメリカ企業を凝縮した米国株式は長期投資に適した資産といえるでしょう。
過去40年間(1973年~2012年)年率9.8%のペースで上昇しており(配当再投資ベース)長期の資産形成に適していると思われます。


米国株式投資コンテンツ

米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】

複利の力をより高める米国株式投資手法

米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か

米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには

米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄

米国株高配当銘柄&連続増配銘柄

米国株連続増配銘柄 増配率と配当利回り

米国株の有望銘柄 高ROE企業

米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄

米国株の買い方



米国株式投資のメリット

米国の企業経営者は株主還元に積極的

米国では30年、40年の長期にわたり連続して増配する優良企業が多数ある

世界的に有名なブランド力を持つ企業が多数ある



米国株式市場には、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業の銘柄が多数あります。
一国内だけでなく、世界中でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。

米国では30年、40年の長期にわたり連続して増配する優良企業が多数あり、自社株買いも積極的に行われています。
米国の企業経営者が株主還元に積極的なことも投資をするには安心感を得られます。

株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


米国株式市場は日本とは比べ物にならないほど品揃えが充実しています。
規模や流動性で何倍もあり、個別銘柄もそうですが、ETFの銘柄も充実しています。
米国株口座一つあれば、グローバル視点での投資は問題なくできると言えるでしょう。



配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫








カテゴリ:米国株式投資 |

米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】

人間の欲望がある限り、世界経済は持続的に成長していくといわれています。
そして、資本主義の下では自由、競争、イノベーションのうねりがやむことはないでしょう。

とくに、アメリカはイノベーションやグローバリゼーションの先頭を走っていますから、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できるのではないでしょうか。

米国株式投資

米国株式投資の魅力

米国株式投資の魅力は、主に以下の3点が大きな魅力です。



アメリカは今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる

株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一

世界を代表するグローバル企業群が多数


長期的に持続的な経済成長が期待できる

米国が今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる理由のひとつに、人口増加率の高さがあげられます。
アメリカの人口は、移民の増加もあって、年率2%以上で増加しているといわれています。
人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらします。

アメリカ経済の潜在成長率の高さの理由に、その生産性の高さがありますが、それは高度な基礎科学と応用技術、そしてイノベーションの波がアメリカの高い生産性を支えているのです。

アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれています。
安定したインフレ率の下で、長期的成長率が高いほど、企業利益の成長率も高まります。
そして、株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


コーポレート・ガバナンスが世界一

株式というのは、会社が返済期限も元本保証もなく発行する証券です。
そんなリスクの高い証券に投資するのですから、投資家が適切な判断ができるよう、あらゆる情報が開示され、公正なルールが確立されていなければなりません。
コーポレート・ガバナンス(企業統治)がしっかりした企業、市場に投資したいと思うのは投資家としては当然です。

アメリカのコーポレート・ガバナンスは、エンロン・ワールドコムのような事件をきっかけに、結果的にはさらに強化される事になりました。
これが米国株に投資する投資家の安心感につながっているのです。
せっかく良い企業を見つけて投資していても、利益が嘘だった、経営陣が不正を働いていた、利益は投資家にはほとんど配分されなかった 等の事態が発覚すれば、何のために投資していたのか分かりませんので。


世界を代表するグローバル企業群

アメリカの企業は、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あります。
米国内だけでなく、世界でビジネスを展開していますから、世界各国の収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。
このようにグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。

米国の代表的なグローバル企業をいくつかあげると以下のようなグローバル企業があります。

ジョンソン&ジョンソン
プロクター&ギャンブル(P&G)
IBM
コカ・コーラ
3M
ゼネラル・エレクトリック(GE)
ファイザー
エクソン・モービル
シェブロン
ウォルマート
クラフトフーズ
マイクロソフト
インテル
アップル
グーグル
マクドナルド
ウォールト・ディズニー



米国株式海外ETFおすすめ銘柄

Vanguard S&P 500 ETF
バンガード・S&P500ETF(VOO)
米国の主要業種を代表する大企業の500銘柄で構成されるS&P500インデックスに連動した動きを目指します 。

Vanguard Total Stock Market ETF
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
MSCI USブロードマーケット・インデックスはMSCI USインベスタブル・マーケット2500とMSCI USマイクロキャップ・インデックスを組み合わせたインデックスです。
大型、中型、 小型および超小型銘柄を含む米国株式市場の時価総額の99.5%以上をカバーします。

iShares Dow Jones Select Dividend Index
iシェアーズR ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド(DVY)
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。



米国個別銘柄なら、配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫







カテゴリ:米国株式投資 |

投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍

投資哲学

投資とは「何らかのリスクを取って経済的な生産活動に資本を提供する行為」です。
投資という形で資本を提供し、リスクを取った見返りがリターンとなります。

また、「哲学」とは何かを深く追求・探求した結果得られた独自の結論と、その結果を求める行為です。
「哲学」とは「独自の深い考え」と言ってもいいでしょう。



投資の哲学は、意思決定を左右する。薄っぺらな哲学に基づく長期投資は、当然、悪い結果をもたらす。
たとえ投資の哲学が優れていても、規律や忍耐を伴わなければ意味をなさない。
投資の哲学とは、ダイエットと同じで長い目で見て意味のある方法、信念を曲げずに実践し続けたときに初めて効果が表れる。
投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い より


投資哲学というものは、長い時間をかけて、さまざまな情報をもとに蓄積した数多くのアイデアの集大成でなければならない。
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 より


「一貫して、辛抱強く、あたかも奴隷であるかのように、ひとつの投資戦略に従うことのできる能力」こそが、長期的に市場を上回る成果を上げる秘訣だ
ウォール街で勝つ法則 - 株式投資で最高の収益を上げるために より


独自の投資哲学を持つ
達 人 ― 自分の性格、能力、知識、好み、および目的に基づいて独自の投資哲学を作り上げる。
     結果として、非常に成功している投資家の投資哲学は一つとして同じにならない。
負け犬 ― 投資哲学を持たない、あるいは誰か他の人の真似をする。
バフェットとソロス 勝利の投資学 より


優れた投資家は、いわゆる投資哲学を持ち、それを守ることで、多くの不確実性を乗り越えてリターンを生み出している。
投資哲学とは、自分にとって「分かること」とはどういうもので、「分かること」をどう探し出し、どのように投資をするのかを定義したものである。
つまり優れた投資家は、自分が分からないことが結果を左右するような投資には手を出さないのである。
スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長 阿部 修平

100人の投資家がいれば、100通りの投資のやり方があるといってもいいでしょう。
そうした点で、投資で成功を収める最大の鍵は、借り物ではない自分自身のやり方、投資哲学を確立することとなります。
図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて より



【投資アイデア】

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識


ウォール街で勝つ法則 - 株式投資で最高の収益を上げるために


バフェットとソロス 勝利の投資学


バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)


価値の探究者たち


「市場」ではなく「企業」を買う株式投資


バリュー株投資は「勝者のゲーム」!


天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす


株式投資 第4版


敗者のゲーム〈原著第6版〉


ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理


株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法


億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術


史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール


投資哲学を作り上げる/保守的な投資家ほどよく眠る (ウィザードブックシリーズ236)


バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫 (ウィザードブックシリーズ)




【確率論的思考・蓋然的思考・不確実性への対処】

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


投資と金融にまつわる12の致命的な誤解について


ルービン回顧録


図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて


確率的発想法~数学を日常に活かす


天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話


最強の教養 不確実性超入門


不確実性下の意思決定理論


確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質


ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質


使える!確率的思考 (ちくま新書)


たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する


偶然と必然の方程式 仕事に役立つデータサイエンス入門


偶然の科学




【市場・群集行動】

投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い


投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然


禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン


アニマルスピリット


群衆の智慧 (角川EPUB選書)


群れはなぜ同じ方向を目指すのか?


市場は物理法則で動く―経済学は物理学によってどう生まれ変わるのか?


複雑で単純な世界: 不確実なできごとを複雑系で予測する


証券市場の真実―101年間の目撃録




【行動ファイナンス・行動経済学・バイアス】

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか?


ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?


まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠


セイラー教授の行動経済学入門


行動経済学入門


行動意思決定論―バイアスの罠


行動ファイナンス―市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論




【証券分析・企業価値分析】

証券分析 【1934年版第1版】 (ウィザードブックシリーズ 44)


インベストメント<第8版>(上)


インベストメント<第8版>(下)


企業価値評価 第6版[上]―――バリュエーションの理論と実践


企業価値評価 第6版[下]―――バリュエーションの理論と実践


増補改訂版 英文会計の基礎知識


英語の決算書を読むスキル−海外企業のケーススタディで基礎と実践をおさえる










カテゴリ:資産運用とは |

世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)

世界最強の株式指数といえば、NYダウ(ダウ工業株30種平均)ではないでしょうか。

NYダウ(ダウ工業株30種平均)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表する米国の代表的な優良企業(ブルーチップ)の30社で構成される平均株価指数です。
いわばアメリカ企業のオールスターです。

NYダウの構成銘柄は下図のとおりで、ニューヨーク株式市場の重要な株価指標で、世界中で常に注目されている指数です。

NYダウ構成銘柄

NYダウ指数は米国の企業社会の縮図といえるほど、様々な業種の会社が含まれていることがわかります。
また、多くの会社がグローバル展開をする会社だということも特徴でしょう。
業種、ビジネス地域の多様性がダウ指数の安定的な成長を支えていると言えそうです。
今後も新興国など世界各国に進出していく方針の企業が多いので、更なる事業拡大及び利益成長が期待できます。

NYダウ構成銘柄

NYダウ指数の過去25年間での値動きも右肩上がりの状態です。
過去10年間で30銘柄の合計配当金は2.2倍、合計1株あたり利益(EPS)は2.6倍になっています。
業績の堅調な推移が、NYダウ指数の上昇を支えていると言えそうです。

NYダウ指数の中には配当利回りが3%を超える銘柄も多数あります。
また、P&G、コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マクドナルド、スリーエムは数十年にわたって連続増配中です。


この世界最強のNYダウ指数に積立投資をし、このオールスター企業の利益を株式価値や配当という形で自分の収益にできるのが
「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」という投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」は、ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)に採用されている米国の主要な株式30銘柄を主要投資対象とし、
ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)(円ベース)と連動する投資成果を目指して運用されている投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」なら1万円から世界最強のNYダウに投資できます。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」を買うなら【フィデリティ証券】がおすすめです。
ファンド申込手数料無料サービスを展開していて口座開設も無料。
ネットだけでなく電話での取引も可能。
電話の手厚いサポートも魅力でご安心いただけます。
資料請求・口座開設はこちらからできます。≫選ぶなら、フィデリティ証券

フィデリティ証券は世界で有数のネットワークと歴史を誇る
フィデリティ・ワールド・ワイド・インベストメントグループの外資系の証券会社です。







カテゴリ:米国株式投資 |

世界の株式市場に投資

米国株
米国市場は世界一の時価総額を誇り、世界の株式市場の中心です。
ニューヨーク・ナスダック両市場に世界の名だたる企業が上場しています。
世界中の投資資金が集まる金融市場を併せ持つ米国。
知名度が高く、グローバルな事業展開を行う企業から新興企業まで多様な企業が事業を展開しています。

欧州株
欧州には多くの株式市場が存在しますが、主な取引所として、ロンドン証券取引所、ドイツ取引所(フランクフルト等)、ユーロネクスト(パリ・アムステルダム他)などがあります。

中国株
世界最大の人口を抱え、BRICsといわれる新興国の中で、近年最も高い経済成長を果たした中国。
香港市場はアジアで最も歴史のある株式市場で、1914年の開設以来中国香港市場の資金調達における窓口として重要な役割を占めています。

新興国株式
経済成長が著しい新興国。
ブラジルやインドなどの新興国は高い成長が見込まれ、世界経済の牽引役として引き続き期待されます。
これらの国を代表する企業に投資することで、投資収益獲得の機会を広げることが可能です。


上記のいずれの株式市場に投資するにしても、海外ETFを利用して投資するのがよさそうです。





カテゴリ:外国株式投資 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)