資産運用初心者
  1. Top
  2. » 米国株式投資

世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)


世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
世界最強の株式指数といえば、NYダウ(ダウ工業株30種平均)ではないでしょうか。

NYダウ(ダウ工業株30種平均)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表する米国の代表的な優良企業(ブルーチップ)の30社で構成される平均株価指数です。
いわばアメリカ企業のオールスターです。

NYダウの構成銘柄は下図のとおりで、ニューヨーク株式市場の重要な株価指標で、世界中で常に注目されている指数です。

NYダウ構成銘柄

NYダウ指数は米国の企業社会の縮図といえるほど、様々な業種の会社が含まれていることがわかります。
また、多くの会社がグローバル展開をする会社だということも特徴でしょう。
業種、ビジネス地域の多様性がダウ指数の安定的な成長を支えていると言えそうです。
今後も新興国など世界各国に進出していく方針の企業が多いので、更なる事業拡大及び利益成長が期待できます。

NYダウ構成銘柄

NYダウ指数の過去25年間での値動きも右肩上がりの状態です。
過去10年間で30銘柄の合計配当金は2.2倍、合計1株あたり利益(EPS)は2.6倍になっています。
業績の堅調な推移が、NYダウ指数の上昇を支えていると言えそうです。

NYダウ指数の中には配当利回りが3%を超える銘柄も多数あります。
また、P&G、コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マクドナルド、スリーエムは数十年にわたって連続増配中です。


この世界最強のNYダウ指数に積立投資をし、このオールスター企業の利益を株式価値や配当という形で自分の収益にできるのが
「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」という投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」は、ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)に採用されている米国の主要な株式30銘柄を主要投資対象とし、
ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)(円ベース)と連動する投資成果を目指して運用されている投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」なら1万円から世界最強のNYダウに投資できます。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」を買うなら【フィデリティ証券】がおすすめです。
ファンド申込手数料無料サービスを展開していて口座開設も無料。
ネットだけでなく電話での取引も可能。
電話の手厚いサポートも魅力でご安心いただけます。
資料請求・口座開設はこちらからできます。≫選ぶなら、フィデリティ証券

フィデリティ証券は世界で有数のネットワークと歴史を誇る
フィデリティ・ワールド・ワイド・インベストメントグループの外資系の証券会社です。







米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】


米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
人間の欲望がある限り、世界経済は持続的に成長していくといわれています。
そして、資本主義の下では自由、競争、イノベーションのうねりがやむことはないでしょう。

とくに、アメリカはイノベーションやグローバリゼーションの先頭を走っていますから、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できるのではないでしょうか。

米国株式投資

米国株式投資の魅力

米国株式投資の魅力は、主に以下の3点が大きな魅力です。



アメリカは今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる

株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一

世界を代表するグローバル企業群が多数

» 続きを読む





世界の株式市場に投資


世界の株式市場に投資
米国株
米国市場は世界一の時価総額を誇り、世界の株式市場の中心です。
ニューヨーク・ナスダック両市場に世界の名だたる企業が上場しています。
世界中の投資資金が集まる金融市場を併せ持つ米国。
知名度が高く、グローバルな事業展開を行う企業から新興企業まで多様な企業が事業を展開しています。

欧州株
欧州には多くの株式市場が存在しますが、主な取引所として、ロンドン証券取引所、ドイツ取引所(フランクフルト等)、ユーロネクスト(パリ・アムステルダム他)などがあります。

中国株
世界最大の人口を抱え、BRICsといわれる新興国の中で、近年最も高い経済成長を果たした中国。
香港市場はアジアで最も歴史のある株式市場で、1914年の開設以来中国香港市場の資金調達における窓口として重要な役割を占めています。

新興国株式
経済成長が著しい新興国。
ブラジルやインドなどの新興国は高い成長が見込まれ、世界経済の牽引役として引き続き期待されます。
これらの国を代表する企業に投資することで、投資収益獲得の機会を広げることが可能です。


上記のいずれの株式市場に投資するにしても、海外ETFを利用して投資するのがよさそうです。









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ