資産運用初心者
  1. Top
  2. » 株式投資で重要なこと

株式投資で最も重要なことは何か


株式投資で最も重要なことは何か
株式投資で重要なこと

株式投資で重要なことは「大きく負けないようにすること」です。

株式投資を始める方が多くいる一方で、株式投資をやめてしまう方も大勢います。
なぜ株式市場から退場していくかといえば「大きく負けてしまったから」という方が多いのではないでしょうか。

株式投資で大きく負けないようにするためには、

「投資する銘柄の見極め」
「売買のタイミング」
「損切り」


が重要になってきます。

大きく負けることさえ避けられれば、何度となく訪れる大チャンスに乗ることもできるでしょう。





株式投資で損切りは必要なのか


株式投資で損切りは必要なのか
なぜ株式投資で失敗するのか

株式投資で失敗しない、負けないためには「なぜ失敗してしまうのか」をまず知ることが必要です。

株式投資の損切り

株式投資で失敗した、と感じるのは、主に
「買った株の株価が大きく値下がりしてしまい、売るに売れず塩漬け状態になってしまった。」
という場合が多いのではないでしょうか。
こういうことは資産の大部分を失いかねない致命的な大失敗につながりかねませんので、何としても避けなければなりません。

株価が買値から20%30%と下落している程度ならまだしも、運悪く高値掴みをしてしまった場合などは、買値の5分の1、10分の1、それ以下にまで株価が下落してしまうこともあります。
株価が買値から10分の1にまでなってしまったら、もう成す術はありません。
思い切って処分してしまうか、株価が上がるのをあてもなく待ち続けることぐらいしかできません。

株式投資で多くの個人投資家が大きな失敗をする理由の多くは、含み損を抱えて身動きがとれなくなるまで株を持ち続けてしまう ということが多いということです。
逆に、これさえ回避できれば、株式投資における致命的な失敗の多くは避けられるのではないでしょうか。

株式投資における致命的な失敗を避けるためには

「損切りルールを設定し、それを守る」
「株価が下がっている途中では買わない」


以上の2点が重要です。

この2つさえ実行することができれば、大きな負けを避けることができるはずです。

「株価が下がっている途中で買わない」ことを徹底すれば、株価が上昇トレンドにあるときにだけ買うことになりますから、買った後で株価が大きく下がって塩漬け状態になることはかなり減少させることができるはずです。

2つのうちどちらか1つ実行するだけでも、大負けの可能性はかなり縮まりますが、2つとも実行するのが最も効果的です。

株式投資に限らず、儲けの基本は「安く買って高く売る」ことです。
損切りをどうしてもしたくない、もしくはできない方は、できるだけ安く買うことを心がけ、持ち株が多額の含み損を抱えることのないようにする必要があります。


でも損切りは本当に必要なのでしょうか

優良銘柄なら、大きく値下がりしても、そのうち回復するはずです。
損切りして、後に株価が回復してから買い直すなら、含み損が拡大していても保有し続けた方が良いのではないでしょうか。

確かに損切りして、暴落の大底で買い直すことが出来れば得になりますが、株価のピークや大底は誰も予想することが出来ないのですから、そんな上手くいくはずありません。

保有している銘柄が値下がりしても「長期的にこの銘柄の株価は上がる」という確信があるなら、「損切りなどせず保有し続けるべき」という考えもあります。








コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ