資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  投資信託分散投資

投資信託とは 【おすすめの金融商品】

投資信託とは、投資家からお金を集めて、投資の専門家が、それをまとめ、いろいろな金融商品に分散投資するものです。
単純に投資対象を選んで投資するだけでなく、値上がりしそうなものと値下がりしそうなものを組み合わせて値動きを意識的に抑えるように設計されたものなどがあります。

投資信託の中には投資対象が値下がりした場合に利益が出るようにつくられた商品もあります。
多くの投資信託は、株や債券などを組み入れて運用しています。
比較的新しいタイプの投資信託として、有価証券だけでなく、不動産などを運用対象とする不動産投資信託やいろいろな投資信託に投資するファンド・オブ・ファンズなども増えてきています。





カテゴリ:投資信託 |

投資信託の特徴

投資信託の主な特徴を挙げると以下の点があります。

少額の資金で始められる
運用を委託できる
分散投資によりリスク低減が期待できる
いろいろな資産や国・地域に投資できる


投資信託の最大の特徴は、少額から投資を始められる点にあります。
投資家からの資金を集め、1つにまとめて運用を行うので、一人一人の資金は少なくても効率のよい運用ができます。
運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。
集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。
投資信託は、「ファンド」とも呼ばれています。





カテゴリ:投資信託 |

投資信託の購入方法・買い方

投資信託は現在、多くの金融機関で販売されています。
証券会社のほか銀行・信用金庫や、保険会社、さらに郵便局でも販売を取り扱っています。
投資信託の運用会社のなかには、直接販売を行っている会社もあります。
また、こうした販売会社は、店舗窓口、外務員のほか、インターネットやフリーダイヤルでも申し込みを受け付けています。


投資信託の購入方法を選ぶ

自分のニーズに合わせて大きく二つに分けます。

「自分に適した投資信託の選択や買付け時期などについて、アドバイスも受けたい」
という場合は、証券会社・銀行・郵便局など販売会社の窓口担当者に相談しながら購入する。

「投資信託の選択などは自分でできる、窓口担当者などと接触したくない」
という場合は、ネット証券、投資信託運用会社の直接販売、証券・銀行などのネット・電話取引などを利用して購入する。

という購入方法が考えられます。
どちらの方が自分にあっているか判断して投資信託の購入をすれば良いと思います。






カテゴリ:投資信託 |

投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法

投資信託は預貯金とは異なり、値動きのある株式や債券などに投資しますので将来どのような価値になるかあらかじめ約束されていません。
一般的には、リスクとリターンにはリスクが大きいものほど期待されるリターンが大きく、リスクが小さいものほど期待されるリターンが小さいという関係があります。

投資信託の主なリスク
投資信託の主なリスクは5つあります。

価格変動リスク
投資信託の運用成績は、保有資産の価格変動の影響を受けます。投資対象となる株式や債券などの資産は、一般的に需給や国内および国際的な政治・経済情勢の影響を受けて絶えず価格が変動しています。

金利変動リスク
金利の変動により債券の価格が変動する可能性を金利変動リスクといいます。
投資している国の金利水準が上昇(低下)した場合には、一般的に債券価格は下落(上昇)します。
また、デュレーションの長さも価格変動に影響を与え、一般的には、残存期間の長い債券ほど金利変動の影響を大きく受けます。

為替変動リスク
外貨建資産を保有する場合、当該通貨と円との為替相場変動の影響を受けます。
投資している国の通貨が円に対して強く(円安に)なれば保有資産価格の上昇要因となり、弱く(円高に)なれば下落要因となります。

信用リスク
投資している有価証券等の発行会社の倒産、財務状況または信用状況の悪化等の影響により、有価証券等の価格が変動します。

流動性リスク
有価証券等を売却あるいは購入しようとする際に、買い需要がなく売却不可能、あるいは売り供給がなく購入不可能等となるリスクのことをいいます。


投資信託のリスクの軽減方法
リスクを小さくするための方法としては主に2つあります。

分散投資(資産・通貨・時間)
投資資金を単一の資産・通貨にまとめて投資するよりも、値動きの異なる資産・通貨に分散して投資することでリスクを軽減させる効果が期待されます。
そして、投資資金の全額を一括投資するのではなく、時間をかけて何回かに分けて投資することでリスクが小さくなることや、一定の金額で定期的に積み増してゆくこと(ドル・コスト平均法)で購入コストを下げる効果、が期待されます。

長期投資
市場は、一時的な要因により短期間で大幅に上昇したり、下落することがありますが、長期投資することで価格変動のブレ(リスク)が小さくなる効果が期待されます。





カテゴリ:投資信託 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)