資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  >  投資信託

資産運用の知識こそが豊かになるための武器

資産運用でお金を増やすために大切なことは、お金について知ることです。

「金融商品を知ること」
「経済の仕組みを知ること」
「金融の仕組みを知ること」


資産運用

難しい理論を勉強する必要はないと思いますが、資産運用及び投資の知恵を学び知識を蓄えることによって、自らの力で投資して資産を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな金融・経済の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。


資産運用はすべての人に必須スキルの時代


長期の資産形成に適している米国株式投資
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]



米国株投資家必読のウォール・ストリート・ジャーナル
<個別企業からETFまで他紙にはない米国株情報満載>


ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。
これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語でリアルタイムに読むことができます。
ウォールストリート・ジャーナルは全米で最も信頼されているビジネス紙で、アメリカのみならず世界を代表する経済紙の一つとされており、国際的に大きな影響力を持つとされています。
また、米国個別企業の情報や海外ETFの情報なども満載なので米国株投資家必須アイテムです。
投資家のための専門情報「バロンズ」を読むことができます。
他紙との違いを実感してください。

ウォールストリート・ジャーナル定期購読








カテゴリ:資産運用とは |

ライフプラン実現のためのマネープラン

現実の生活を把握することで、今、そして今後、お金がいくら必要なのかがわかります。
生活費に加え、近い将来の急な出費の為の蓄えは優先させなければなりません。
それらは、「リスクをとれない資金」ということになります。
そして、残りの部分を投資可能資金と考えます。
このバランスが見えたところで、貯蓄分と投資分で構成されるマネープランのポートフォリオが出来上がります。

実現したいライフプランの目標金額はいくらか 投資できる期間はどれくらいか 今ある資金と今後積立てが可能な資金が、投資資金になります。
実際にどのようなペースで増えていくことが必要なのかを考えます。
達成する為には、どのような資産に投資すればよいのか。
1つ1つを順番に考えていくことで、より具体的なポートフォリオができあがっていきます。

株や債券といった投資する資産の割合が決まったら、次はどんな商品を通じて投資するかを考えます。
株式を直接購入するのか 債券を直接購入するのか 手段はたくさんありますが、限られた投資資金ということを考えると、投資信託などパッケージ化された金融商品を活用することは効率がよさそうです。


資産運用のキーワード 長期投資と分散投資





カテゴリ:資産運用とは |

資産運用の初心者におすすめの投資信託

長期的に資産運用の成果を得るためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、複利の効果を得ることが、運用成果を得る近道になるのではないでしょうか。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。

まず、資産クラス(アセットクラス)の配分を決定します。
例えば、債券に50% 株式に30% 不動産に20% というように各資産クラスの配分を決定します。
このことを「アセット・アロケーション」といいます。
投資成果の90%以上が、このアセット・アロケーションで決まってしまうともいわれています。

世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。

投資信託とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。





カテゴリ:投資信託 |

投資信託とは 【おすすめの金融商品】

投資信託とは、投資家からお金を集めて、投資の専門家が、それをまとめ、いろいろな金融商品に分散投資するものです。
単純に投資対象を選んで投資するだけでなく、値上がりしそうなものと値下がりしそうなものを組み合わせて値動きを意識的に抑えるように設計されたものなどがあります。

投資信託の中には投資対象が値下がりした場合に利益が出るようにつくられた商品もあります。
多くの投資信託は、株や債券などを組み入れて運用しています。
比較的新しいタイプの投資信託として、有価証券だけでなく、不動産などを運用対象とする不動産投資信託やいろいろな投資信託に投資するファンド・オブ・ファンズなども増えてきています。





カテゴリ:投資信託 |

J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ

J-REIT(ジェイ・リート)とは、日本版不動産投資信託のことです。
2001年9月に登場した比較的新しい投資商品で、低金利の現在でも3%~6%と日本国内を投資対象とする金融商品の中で、相対的に高い分配利回りを期待できる金融商品として個人投資家の注目を集めています。

REIT(Real Estate Investment Trust)とは、不動産を所有・運営するために創られた法人です。
投資家にとって、REITへ投資するということは、間接的に不動産へ投資することになります。

J-REITは、投資家から集めた資金をもとに、複数の不動産を購入します。
不動産で得られる賃料収入等をもとに、投資家は法人税が課税される前の利益のほぼ100%を分配金として受けることができます。
それが分配利回りが高い要因です。

J-REITの投資先は、オフィス、住居、商業施設、ホテルなどがあります。


REITの魅力

REITの魅力は一般的には下記のようなことが挙げられます。

少額で不動産投資が可能
不動産投資の分散投資が可能
換金性が高い
プロが運用する


J-REITは、不動産を証券化した金融商品なので、1万円程度の少額から不動産投資ができます。
不動産は、適切に管理運営されているものであれば、賃料収入は比較的安定していると期待されます。
複数の不動産に投資しているため、テナント数が多く、実物不動産への投資と比較すると、格段にリスクが分散されています。
J-REITは市場に上場しているため、売却価格は証券市場に表示されていて、証券会社を通してネットで購入・売却ができるので、ほとんど手間がかかりません。
また、不動産の売買や運営を経験豊富なプロが行っています。
J-REITは、少額から始められる不動産投資として、魅力的な点が多く存在します。

REITを購入し資産運用をするということは、不動産からの賃貸収入や売却益が安定していれば、REITを保有しているだけでリターンがありますので、資産運用の心強い存在でもあります。


J-REIT投資が良い理由

世界最大の人口圏である東京圏の不動産に投資できる
為替変動リスクを取らなくても高い分配利回りを期待できる

東京を中心とした大都市で、大規模で魅力的な再開発が今後も爆発的にすすんでいくといわれています。
そして現在、日本の法人の年間の賃借料30兆円ともいわれています。
こういった巨額な賃料の一部がJ-REITの収入になるということです。

日本は依然として低金利で、今後もしばらくは低金利が続くと思われますが、高金利を求めて外国債券などを購入する場合は、為替変動リスクを取らなくてはなりません。
J-REITの場合、為替変動リスクを取る必要がなく、日本国内を投資対象とする金融商品の中で、相対的に高い分配利回りを期待できます。


J-REIT投資にETFが良い理由

数あるJ-REITの銘柄に効率よく投資するには、投資信託を利用する方法がありますが、投資信託の中でもETFを利用する方法がおすすめです。
J-REITを幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でもETFを利用するのがおすすめです。

ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
また、ETFは、上場している市場の取引時間内であれば、リアルタイムでファンドの売買ができます。


ETFを使うメリットは

長期的なコストを安く抑えられることができる
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引ができる
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できる
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できる
などがあります。

ETFは、一般的な投資信託よりも信託報酬という投資家のコストが安く設定されていることが多い金融商品です。


おすすめのJ-REIT ETF

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(銘柄コード:1343)

東証REIT指数の値動きに連動するように設計されているETFです。
東証REIT指数に採用されている銘柄または採用が決定された銘柄の不動産投資信託証券のみに投資を行ない、東証REIT指数に連動する投資成果を目指します。

東証REIT指数とは、東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした「時価総額加重型」の指数です。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(銘柄コード:1343)
は楽天証券で購入することができます。
>>口座開設・資料請求はこちら





カテゴリ:JREIT投資 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)