資産運用初心者
  1. Top
  2. » 外国株購入

外国株式銘柄の購入方法【世界の企業に投資】


外国株式銘柄の購入方法【世界の企業に投資】
外国株には、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あり、そのようなグローバル企業は、世界でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
世界的な優良企業の外国株を購入するということは、世界的な優良企業の株主になるということなので、安定した配当も期待できるといったメリットもありますし、何より潰れるリスク、つまり信用リスクも低くなるということです。
世界中の優良企業の外国株を購入してみてはいかがでしょう。

世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、新興諸国の市場の拡大によって、さらに恩恵を受けることも期待できそうです。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
このように世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


外国株式の購入方法

では世界有数のグローバル企業群の株式はどのように購入すれば良いかというと
楽天証券に口座を開き、オンライントレード(ネット取引)を利用して、外国株を購入する方法があります。
日本にいながら世界の様々な国、地域の外国株式の個別銘柄を手軽に購入できる方法です。
まず楽天証券に口座を開設し、投資資金を入金、そして日本円を米ドルに換えれば外国株の購入準備が整います。
あとは、個別の銘柄を選んで購入を確定するだけです。
すべてネット上で購入することが可能です。

外国株を購入すれば、世界中のトップ企業への株式投資が可能になります。
アップル マイクロソフト IBM グーグル ジョンソン・エンド・ジョンソン エクソン・モービル シェブロン プロクター・アンド・ギャンブル ファイザー ゼネラル・エレクトリック コカコーラ マクドナルドといった米国株やBHPビリトンやリオ・ティント、BP、ロイヤル・ダッチ・シェル、ヴァーレなどヨーロッパやオーストラリア、ブラジル、南アフリカなどの資源株 スイスやイギリスの医薬品メーカーのノバルティス グラクソ・スミスクライン アストラゼネカ フィンランドのノキア そしてペトロ・チャイナなどの中国株 注目のASEAN諸国企業の株 韓国株 台湾株 香港株 インド株 ロシア株 ブラジル株なども、楽天証券でADRという形で購入することが可能です。

楽天証券なら世界への投資がこんなに身近!あなたならどれにする?
口座開設・資料請求はこちら






米国株の買い方【外国株式購入方法】


米国株の買い方【外国株式購入方法】
最近では米国株を取り扱う日本国内の証券会社も増えています。
世界最大の経済大国であり、世界最大の市場規模である米国株の買い方を意外に知らない方も多いようです。
日本国内の証券会社の中で米国株を取り扱っている証券会社の中でもおすすめは楽天証券、マネックス証券、SBI証券の3社です。

この3社であれば、比較的取り扱い銘柄数も多く、新興国や注目のテーマなどに特化した米国上場の各種ETFも豊富に取り扱いがあります。

取引もリアルタイムで可能ですから、ほぼ日本株と同じような感覚で取引をすることができます。
これに加えて米国のマーケットが開くのは日本時間で23時以降なので、お昼に会社勤めのサラリーマンにとっては会社から帰った後、自宅でゆっくりと取引ができるのも米国株の買い方の魅力の1つではないでしょうか。

この機会に、IBM、グーグル、アップル、エクソンモービル、コカコーラ、マクドナルド、ゼネラル・エレクトリック、マイクロソフト、P&G、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ウォルマート、ファイザー、フィリップ・モリス・インターナショナルなど、世界を代表するグローバル企業が上場する米国株を買ってみるのはいかがでしょうか。


米国株式購入方法

1、証券会社に口座を開設
米国株を買う場合、まず証券会社で口座を開設する必要があります。
証券会社は米国株式取扱銘柄800銘柄(ADR含む)とネット証券No1のアメリカ株取扱銘柄数の楽天証券に口座開設することをおすすめします。

ネット証券の楽天証券なら、外国株式の取引手数料もネット証券ならではの格安で購入できます。
また、米国株式を購入時に米ドルMMFから資金を充当したり、売却資金を米ドルMMFで運用したりと、待機資金を無駄なく運用できます。


2、米ドル資金を用意
米国株式(ETF、ADR含む)は米ドルで取引することになるため、楽天証券などのネット証券でアメリカ株式を買付ける際には、あらかじめ米ドルを用意する必要があります。

円資金を証券会社の口座に入金し、外国為替取引で、米ドルの買い注文をします。
楽天証券の場合、為替取引はウェブ上で行えます。
円をドルに換えた後で、米国株式(ETF、ADR含む)の発注ができるようになります。


3、米国株を注文
買いたい米国株の銘柄(ETF、ADR含む)を選んで注文します。
楽天証券の場合、売買単位は、買付は1株単位、売却は1株単位になります。

米国の取引時間は9:30~16:00になります。

米国の夏時間(サマータイム)の場合、
日本時間では、夜22:30 ~ 朝5:00になります。

米国の冬時間(標準時間)の場合、
日本時間では、夜23:30 ~ 朝6:00になります。

米国では、3月第2日曜日から11月第1日曜日までサマータイム(夏時間)となります。
米国のサマータイムは、3月から11月までの約8か月間になるので、サマータイムの取引期間の方が長くなります。


配当金がザクザク増える米国株配当成長銘柄の選び方






外国株式投資のメリット


外国株式投資のメリット
外国株式とは、海外企業が発行をする株式のことをいいます。
海外には、グローバルに展開する優良企業や、成長性の高い企業、日本企業以上に高い配当利回りが期待できる企業が数多くあり、株価の上昇も期待されます。
そのようなグローバル企業に直接投資できる点が外国株式投資の魅力1つです。
外国株式投資には主に以下のようなメリットがあります。

リスク分散
「ひとつのカゴに卵を盛るな」という投資の格言があるように、投資基本戦略として、資産をいくつかのアセットクラスに分けてリスクを分散させる方法があります。
国内株式だけでなく外国株式にも投資することで、リスクを分散させることができます。

収益機会の拡大
世界にはBRICsを中心に経済成長が著しい国が存在します。
これらの国を代表する企業に投資することで、日本株式や先進国株式投資だけでは得られない投資収益獲得の機会を広げることが可能になります。

世界の優良企業の株主に
世界を代表する企業や、誰もが知っているグローバル企業に投資を行うことが出来ます。

高配当利回り
世界の株式市場には、日本株式より比較的配当利回りが高い株式があります。

通貨の分散投資
外国株式は現地通貨で購入するため、円以外にドル・ユーロなどに分散投資することが可能です。
また、外国株式投資には円で決済する方法と外貨で決済する方法がありますが、タイミングよく売買すれば為替差益を獲得できる可能性があります。









コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ