債券投資 - 米国株式投資は格差社会を生き延びるための最強の武器
資産運用初心者
  1. Top
  2. » 債券投資

資産運用でお金を増やす方法

資産運用でお金を増やす方法
お金持ちがどんどんお金持ちになっていく理由の1つは、「お金持ちは、より多くの資産を作り出す あるいは獲得するために働いているから」といわれています。
資産が不労所得を生み出し、本人に代わってせっせと働いてくれるから というのがその理由です。

お金を増やす方法 = お金を働かせる = 資産運用

という訳です。

お金を増やす方法

資産運用でお金を増やす方法の1つは、
本業からの収入の一部を 資産運用=投資 にまわし、収入源をさらに増やしていくという戦略があります。

最初は小さいキャッシュフローかもしれませんが、収入の一部を資産獲得のために、つまり金融資産などに投資し続けていくことで、資産から生み出されるキャッシュフローが年々増えていくことにつながります。

» 続きを読む


外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ

外国債券の投資信託は海外ETFがおすすめ
外国債券の投資信託に投資することで安定したインカムゲイン(利子収入)を期待することができます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
安定したインカムゲイン(利子収入)が期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。

外国債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つです。
しかし、ファンド(投資信託)を利用してたくさんの銘柄の債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスク、信用リスク、デュレーションリスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンが期待できます。
投資信託であれば少額から投資が可能ということも魅力のひとつとなっています。


海外ETFを利用した外国債券投資

外国債券の投資信託の中でも海外ETFといわれる金融商品を利用して外国債券に投資することをおすすめします。

ETF(Exchange Traded Fund)とは、指数連動型上場投資信託のことです。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。
上場されているので透明性が高く、流動性もよいのが海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で発注できます。

また、外国債券海外ETFの場合、債券のクーポン(利子)を分配金という形で受け取ります。

外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、海外ETFを利用すれば償還期限の違う外国債券に分散投資することができるので、外国債券を直接購入するよりもリスクが軽減されます。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券へ分散投資を継続しているので、投資家はETFを保有しているだけで良いので簡単です。
グローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる上場投資信託である海外ETFの外国債券は使い勝手が良いのでおすすめです。


国内金融機関で購入可能な外国債券海外ETFの銘柄
(以下の海外ETFは米ドル建てですので利子の振込みも米ドルです。)


iShares Barclays Aggregate Bond Fund(AGG)
iシェアーズ ・バークレイズ 米国総合 ファンド
バークレイス・キャピタル米国総合インデックスへの連動を目指します。
米国投資適格債券市場へ投資。

iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 20年超 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が20年超、米ドル建ての米国財務省証券で構成されています。

iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。

iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。

iShares JPMorgan USD Emerging Markets Bond Eund(EMB)
iシェアーズJPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド
JPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックスの価格及び利回りの実績に概ね対応する投資成果をあげることを目標としています。

iShares S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund(IGOV)
iシェアーズ・S&Pシティグループ世界国債(除く米国)・ファンド
S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)の価格及び利回りの実績に概ね対応する投資成果をあげることを目標としています。


   これらの外国債券 海外ETFは楽天証券で購入可能です。
>>グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!



新興国債券に投資を行う理由

新興国債券に投資を行う理由
高利回りが期待できる運用商品として、「ハイイールド債券」や「新興国債券」ファンドの関心が高まっているようです。
新興国の経済は過去と比較して非常に良好であるといわれます。
新興国経済は著しい発展を遂げ、その経済規模は、購買力平価調整後ではすでに先進国全体を上回る水準に達し、世界経済の重心が新興国にシフトしつつある状況です。
先進国の総労働人口は、今後長期的に横ばいないし減少が見込まれるのに対し、新興国の総労働人口は拡大を続ける見通しで、長期的な労働人口の増加予測は、新興国の長期的な成長見通しのひとつの根拠となっています。
経済成長を通じ新興国のファンダメンタルズは大きく改善し、いまや新興国の平均では純債権国の地位にあり、ソブリン格付も平均では投資適格の水準に達しています。
国内総生産(GDP)に対する財政収支や公的債務残高の面でも新興国はもはや先進国より良好なものとなっています。


新興国債券に投資を行う理由

債券は、年金基金や金融法人等、機関投資家にとって最も重要な投資対象となる代表的な金融資産です。
機関投資家の運用の大半は米国、ユーロ圏および日本等の先進国債券への投資が中心で、新興国債券への投資は非常に限定的なものとなっています。

新興国債券保有のメリットとして注目するべきは、その優れたリスク/リターン特性です。
過去10年間の新興国債券はハードカレンシー建て・現地通貨建てを平均すると、新興国株式の約半分のリスク(ボラティリティ)水準で、株式とほぼ同水準のリターンだったようです。

個人投資家も、新興国債券を既存の先進国グローバル債券ポートフォリオに一部組入れるだけでも、債券ポートフォリオのリスク・リターン特性は大きく改善します。





コンテンツメニュー
【 r > g 】格差社会で下流に落ちないためにやるべきこと【米国株式投資】
【格差社会】日本の労働所得は下がり続けている【下流に落ちないために】
【株式投資】株式会社に投資するとなぜ儲かるのか
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
「配当成長株投資法」で、「お金を強力に生み出す資産」を獲得できる!
世界最強の株式指数 NYダウ(ダウ工業株30種平均)
【株式投資】銘柄選びで重視すべき指標はFCF
インデックス投資では味わえない株式投資の本質
投資哲学を作り上げるために参考になる本・書籍
保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策
【株式投資】ポートフォリオの銘柄として加えたい銘柄
米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]
米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
ノボ・ノルディスクは高い配当成長率の銘柄
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
長期株式投資は自分との闘い
資産運用の知識こそが豊かになるための武器
資産運用はすべての人に必須スキルの時代
資産運用でお金を増やす方法
ライフプラン実現のためのマネープラン
資産運用の初心者におすすめの投資信託
アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
投資信託とは 【おすすめの金融商品】
投資信託の特徴
投資信託の選択はライフプラン・マネープランから
投資信託の選び方
低コストで幅広く分散投資された投資信託
投資信託の購入方法・買い方
投資信託の仕組み・用語
投資信託の種類
おすすめ投資信託【MMF MRF 外貨MMF】
【超おすすめ投資信託】外貨MMFとは
外貨MMFをマルチポケットとして活用
投資信託の主なリスクとリスクの軽減方法
分散投資 【資産運用の投資手法】
投資信託は販売会社などの倒産リスクに強い
インデックスファンド【市場平均のパフォーマンス】
インデックスファンド投資(市場は効率的か)
株式投資の魅力
老後資金の貯め方と老後資金運用 【おすすめ】
退職金運用におすすめの投資信託
60代からの資産運用「鉄板マネー運用プラン」
70代の資産運用【リスク資産売却・出口戦略】
米国債券投資の魅力と米国債の購入方法
カテゴリ
資産運用初心者おすすめ