資産運用初心者
  1. Top
  2. » ポートフォリオ

ライフプラン実現のためのマネープラン

ライフプラン実現のためのマネープラン
現実の生活を把握することで、今、そして今後、お金がいくら必要なのかがわかります。
生活費に加え、近い将来の急な出費の為の蓄えは優先させなければなりません。
それらは、「リスクをとれない資金」ということになります。
そして、残りの部分を投資可能資金と考えます。
このバランスが見えたところで、貯蓄分と投資分で構成されるマネープランのポートフォリオが出来上がります。

実現したいライフプランの目標金額はいくらか 投資できる期間はどれくらいか 今ある資金と今後積立てが可能な資金が、投資資金になります。
実際にどのようなペースで増えていくことが必要なのかを考えます。
達成する為には、どのような資産に投資すればよいのか。
1つ1つを順番に考えていくことで、より具体的なポートフォリオができあがっていきます。

株や債券といった投資する資産の割合が決まったら、次はどんな商品を通じて投資するかを考えます。
株式を直接購入するのか 債券を直接購入するのか 手段はたくさんありますが、限られた投資資金ということを考えると、投資信託などパッケージ化された金融商品を活用することは効率がよさそうです。


資産運用のキーワード 長期投資と分散投資

» 続きを読む

アセット・アロケーションとポートフォリオ運用

アセット・アロケーションとポートフォリオ運用
アセット・アロケーションとは、ポートフォリオ運用における資産配分のことをいいます。
アセットとは、株式、債券、外国証券、預貯金、不動産、貴金属などの様々な資産のことで、アロケーションとは、配分を意味します。
アセット・アロケーションは、運用目標や市場環境に応じ、各資産の期待収益率とリスク等を勘案して行います。
一般的に、リスク特性の異なる資産を組み合わせること(分散投資)によってリスクを低減することができるとされています。

» 続きを読む

分散投資 【資産運用の投資手法】

分散投資 【資産運用の投資手法】
分散投資は、資産運用の投資手法の一つで、投資対象を多様化させることで、価格変動リスクを低減させて安定的にリターンをめざすということでは有効な方法です。
すべての資金をひとつの金融資産に集中させてしまうと、運用がうまくいかなかった場合、マイナス影響が資産全体に及びます。
そこで、値動きの異なる複数の資産に資金を分散させることで、価格変動リスクを分散しながら、安定的なリターンを期待することができます。
分散投資の方法は、国や地域の分散、株式や債券、商品(コモディティ)といったアセットクラスの分散、円やドルなど通貨の分散、積立投資など、時間の分散といったように分散投資の方法があります。


アセットクラスの分散は、株式、債券、コモディティ、不動産、ヘッジファンドなど。
地域の分散は、国内と海外、新興国と先進国、欧州とアジアなど。
通貨の分散は、円、米ドル、ユーロ、ブラジルのレアル、南アフリカのランドなど。
時間の分散は、積立などで資金を定期的に一定額を投資していくドルコスト平均法といわれる投資法があります。


アセットアロケーション

アセットアロケーション
アセットアロケーションとは、個々人が取れるリスク許容度やライフプランに応じて、最適な資産配分を決定するプロセスのことです。

アセットアロケーションを考えて資産配分をすることは、資産運用の基本となります。
金融商品をはじめとした資産は、それぞれに特徴があり、その特徴に応じた利用をしていないと、予想外の損失を被ったり、必要なときに使えない資金となってしまうことがあるから注意が必要です。

ライフプラン上の様々な出来事のために、必要資金を運用したり預けたりしているので、その用途に合った投資や預金でないと不都合が生じてくるのではないでしょうか。
個々を取り巻く状況やリスク許容度、ライフプランを照らし合わせて、最適な資産配分と、その定期的な見直しこそが、効率的に資産を殖やす方法の一つだと思われます。

資産形成は、ポートフォリオ全体で考えることが大事なのではないでしょうか。
一つ一つの金融商品がそれぞれ価格変動をするものであっても、性格の異なる金融商品にバランスよく分散投資されたポートフォリオであれば長期的にはリスクは低く抑えられることが多いようです。

ポートフォリオ

ポートフォリオ
ポートフォリオとは、違うタイプで多種類の金融商品や銘柄、不動産などを組み合わせて分散投資をする運用の一覧のことです。

そもそもポートフォリオとは、書類かばんを意味する言葉で、資産をかばんの中に分け入れることが語源になっています。
資産運用としては、いくつかに分散投資された資産や銘柄の組み合わせのことをいいます。
投資家の持つ金融資産一覧表といった意味合いで使われています。

ポートフォリオ理論とは、投資家のリスク許容度とリターンへの期待の大小に応じて、その投資家にとって最も効果的な資産配分の組み合わせを実現させる方法論のことをいいます。





コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ