資産運用初心者
  1. Top
  2. » ウォール街のランダム・ウォーカー

インデックスファンド投資(市場は効率的か)

インデックスファンド投資(市場は効率的か)
インデックスファンドの背景にある考え方は、「市場が効率的であるという前提のもとでは、市場全体を組み入れたポートフォリオに投資することが、リスク・リターンの組合せから効率的なポートフォリオである」という「CAPM(Capital Asset Pricing Model):資本資産評価モデル」の考え方が、インデックスファンドの理論的裏づけとなっています。

効率的な市場とは、「すべての情報は瞬時にいきわたり証券価格に反映される市場」のことです。
取引の制約となる規制も無く、完全な流動性が提供され、また市場参加者の側もあらゆる情報を入手し、客観的かつ合理的に情報を分析し、意思決定できることが前提です。

バートン・マルキールの「ウォール街のランダム・ウォーカー(A Random Walk Down Wall Street)」(1973年)
チャールズ・エリスの「敗者のゲーム(Winning the Loser's Game)」(1975年)
などでは、アクティブ運用のパフォーマンスは、インデックス運用のパフォーマンスを長期的に上回ることは困難であると主張されています。

効率的な市場とは、「すべての情報は瞬時にいきわたり証券価格に反映される市場」のことです。
取引の制約となる規制も無く、完全な流動性が提供され、また市場参加者の側もあらゆる情報を入手し、客観的かつ合理的に情報を分析し、意思決定できることが前提です。

現実的には、市場には非効率性が数多く存在すると思いますが、市場で取引されているほとんどの資金はプロのトレーダーによるものなので、効率的な市場に近い感じになるのではないでしょうか。





コンテンツ
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ