資産運用初心者
  1. Top
  2. » アメリカ株高配当銘柄

米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]

米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
長期間にわたり連続増配する銘柄は、それだけ利益が成長している企業、という側面も持っているといえます。
そのため、安定性だけでなく、成長も加味した銘柄選別を考慮する材料になると考えられます。
配当成長株は、長期の配当成長に長期の利益成長が不可欠であるため、配当利回りだけでなくキャピタルゲイン(株価上昇)が期待できます。

米国には数多くの高配当銘柄がありますが、配当に着目する株式投資は、相対的にリスクが小さく、配当成長が期待できる銘柄に投資すると、長期的に高い投資収益を得ることが期待できます。


連続増配をする米国株銘柄の1部を以下に30銘柄リストアップしてみました。
このような銘柄の営業キャッシュフロー、EPS、BPS、ROE、配当性向、1株当たりキャッシュフローなどの推移を調べ、堅実に成長している銘柄に株価が割安な時に投資すればそれなりの収益が期待できそうです。



米国株高配当銘柄&連続増配銘柄

銘柄名 ティッカー 連続増配年数 配当利回り
(2017年12月末現在)

AT&T Inc.(T) 34年 5.14%
エーティー・アンド・ティー
米国で固定電話、携帯電話、インターネット接続サービスを行う。
全米で最大規模の4Gネットワークを保有する。
2015年にはディレクTVを買収した。


Verizon Communications(VZ)13年 4.46%
ベライゾン・コミュニケーション
AT&Tと並ぶ米通信2強。
2015年にインターネットサービスのAOLを買収。
2017年に米ヤフーのインターネット事業を買い取った。


Philip Morris International(PM) 10年 4.05%
フィリップモリス
米国を除く180ヵ国以上で、各種たばこ製品を販売する。
主力ブランドには、マールボロ、L&M、フォーチュン、パーラメント、フィリップモリス、ラークなどがある。


International Business Machines(IBM) 22年 3.91%
アイビーエム
IT関連サービス、システム構築、戦略コンサルティングなどを主力とする。


Altria Group Inc.(MO) 48年 3.70%
アルトリア・グループ
タバコ事業を主力とし、ワインも手掛ける。
傘下のフィリップモリスUSAでは「マールボロ」「フィリップモリス」「バージニアスリム」などのブランドタバコを販売。


ExxonMobil Corp.(XOM) 35年 3.68%
エクソン・モービル
石油メジャーの一角。
石油と天然ガス事業で、探査・開発から精製・販売まで手掛ける。


Coca-Cola Company(KO) 55年 3.23%
コカ・コーラ
世界200以上の国や地域で飲料を販売。
代表的な商品は「コカ・コーラ」「スプライト」「ファンタ」などがある。


Amgen Inc.(AMGN)8年 3.04%
アムジェン
バイオ医薬品メーカー。
重病を対象とする治療薬の発見、開発、製造、販売を手掛ける。
治療法のほか細胞生物学と分子生物学に基礎を置いた新薬の開発に注力しています。


Procter & Gamble Co.(PG) 61年 3.00%
プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)
一般消費財の売上規模で世界トップクラス。
アリエール、SK-Ⅱ、パンパース、パンテーン、ファブリーズなどがある。


PepsiCo Inc.(PEP) 45年 2.69%
ペプシコ
ペプシコーラをはじめとする、飲料、スナック、食品の世界的メーカー。
穀物ベースのスナック、炭酸・非炭酸清涼飲料、食品を自社製造・外注して、世界中で販売。


Lockheed Martin(LMT) 15年 2.49%
ロッキード・マーチン
軍需部門の世界売上高ランキングでは常に上位を維持。
航空機事業では、「F-22ラプタ―」「F-35ライトニングⅡ」など最新鋭ステルス戦闘機を開発。


Johnson & Johnson(JNJ) 55年 2.40%
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ヘルスケア製品の開発・生産・販売を手掛ける。
バンドエイド、ジョンソンベビーローション、リステリン、アキュビューなどがある。
個人向けだけでなく、医療機関向けでも世界最大級。


McDonald's Corp.(MCD) 42年 2.35%
マクドナルド
世界各国で「McDonald's」 ブランドで、ファストフードレストランを展開。


Wal-Mart Stores Inc.(WMT) 44年 2.07%
ウォルマート
世界最大のスーパーマーケットチェーン。
低価格、物流管理、コスト削減などを推し進め、世界各国で店舗展開。


McCormick & Co.(MKC) 32年 2.04%
マコーミック
スパイス、シーズニングミックス、調味料等、食品業、リテール・アウトレット、食品製造業者及びフードサービス事業者向けの調味製品の生産・マーケティング・販売を行う。


3M Company(MMM) 59年 2.00%
スリーエム
電気電子・電力・通信関連、建築関連、ヘルスケア関連、セーフティ・セキュリティ関連、自動車・交通関連、産業関連、オフィス関連など広範な事業を手掛ける。


Union Pacific(UNP) 11年 1.98%
ユニオン・パシフィック
アメリカ合衆国最大規模の鉄道会社。
主要事業会社にUnion Pacific Railroad Companyを持つ輸送会社で、米国西部の23州をカバーする鉄道網がグローバルサプライチェーンの重要な役割を担っている。



配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫






メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
カテゴリ
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)






資産運用初心者おすすめ