資金運用の初心者におすすめの資産運用

資金運用の初心者は、まず「不時に備える資金」「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「退職金運用」など目的別に資金を分け、それぞれの資金を使う時までの運用期間のめどをたて、その運用期間に適した資産運用方法を選び、資金を運用していくことが重要です。
資金運用の初心者におすすめの資産運用 TOP  > 

米国株式投資の魅力 [アメリカ株 コンテンツ]

米国株の魅力

強いアメリカ経済と強いアメリカ企業を凝縮した米国株式は長期投資に適した資産といえるでしょう。
過去40年間(1973年~2012年)年率9.8%のペースで上昇しており(配当再投資ベース)長期の資産形成に適していると思われます。


米国株式投資コンテンツ

米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】

複利の力をより高める米国株式投資手法

米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か

米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには

米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄

米国株高配当銘柄&連続増配銘柄

米国株連続増配銘柄 増配率と配当利回り

米国株の有望銘柄 高ROE企業

米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄

米国株の買い方



米国株式投資のメリット

米国の企業経営者は株主還元に積極的

米国では30年、40年の長期にわたり連続して増配する優良企業が多数ある

世界的に有名なブランド力を持つ企業が多数ある



米国株式市場には、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業の銘柄が多数あります。
一国内だけでなく、世界中でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。

米国では30年、40年の長期にわたり連続して増配する優良企業が多数あり、自社株買いも積極的に行われています。
米国の企業経営者が株主還元に積極的なことも投資をするには安心感を得られます。

株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


米国株式市場は日本とは比べ物にならないほど品揃えが充実しています。
規模や流動性で何倍もあり、個別銘柄もそうですが、ETFの銘柄も充実しています。
米国株口座一つあれば、グローバル視点での投資は問題なくできると言えるでしょう。



配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫








カテゴリ:米国株式投資 |

米国株式投資【株式投資の銘柄なら米国株】

人間の欲望がある限り、世界経済は持続的に成長していくといわれています。
そして、資本主義の下では自由、競争、イノベーションのうねりがやむことはないでしょう。

とくに、アメリカはイノベーションやグローバリゼーションの先頭を走っていますから、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できるのではないでしょうか。

米国株式投資

米国株式投資の魅力

米国株式投資の魅力は、主に以下の3点が大きな魅力です。



アメリカは今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる

株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一

世界を代表するグローバル企業群が多数


長期的に持続的な経済成長が期待できる

米国が今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる理由のひとつに、人口増加率の高さがあげられます。
アメリカの人口は、移民の増加もあって、年率2%以上で増加しているといわれています。
人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらします。

アメリカ経済の潜在成長率の高さの理由に、その生産性の高さがありますが、それは高度な基礎科学と応用技術、そしてイノベーションの波がアメリカの高い生産性を支えているのです。

アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれています。
安定したインフレ率の下で、長期的成長率が高いほど、企業利益の成長率も高まります。
そして、株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


コーポレート・ガバナンスが世界一

株式というのは、会社が返済期限も元本保証もなく発行する証券です。
そんなリスクの高い証券に投資するのですから、投資家が適切な判断ができるよう、あらゆる情報が開示され、公正なルールが確立されていなければなりません。
コーポレート・ガバナンス(企業統治)がしっかりした企業、市場に投資したいと思うのは投資家としては当然です。

アメリカのコーポレート・ガバナンスは、エンロン・ワールドコムのような事件をきっかけに、結果的にはさらに強化される事になりました。
これが米国株に投資する投資家の安心感につながっているのです。
せっかく良い企業を見つけて投資していても、利益が嘘だった、経営陣が不正を働いていた、利益は投資家にはほとんど配分されなかった 等の事態が発覚すれば、何のために投資していたのか分かりませんので。


世界を代表するグローバル企業群

アメリカの企業は、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あります。
米国内だけでなく、世界でビジネスを展開していますから、世界各国の収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。
このようにグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。

米国の代表的なグローバル企業をいくつかあげると以下のようなグローバル企業があります。

ジョンソン&ジョンソン
プロクター&ギャンブル(P&G)
IBM
コカ・コーラ
3M
ゼネラル・エレクトリック(GE)
ファイザー
エクソン・モービル
シェブロン
ウォルマート
クラフトフーズ
マイクロソフト
インテル
アップル
グーグル
マクドナルド
ウォールト・ディズニー



米国株式海外ETFおすすめ銘柄

Vanguard S&P 500 ETF
バンガード・S&P500ETF(VOO)
米国の主要業種を代表する大企業の500銘柄で構成されるS&P500インデックスに連動した動きを目指します 。

Vanguard Total Stock Market ETF
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
MSCI USブロードマーケット・インデックスはMSCI USインベスタブル・マーケット2500とMSCI USマイクロキャップ・インデックスを組み合わせたインデックスです。
大型、中型、 小型および超小型銘柄を含む米国株式市場の時価総額の99.5%以上をカバーします。

iShares Dow Jones Select Dividend Index
iシェアーズR ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド(DVY)
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。



米国個別銘柄なら、配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫







カテゴリ:米国株式投資 |

米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄

米国株式市場に上場する、米国企業又は欧州企業の銘柄は、株主を重視する姿勢が日本企業とは大きく異なり、10年、20年単位で見ても、EPS(1株当たり利益)やBPS(1株当たり株主資本)が伸びていたり、50年以上連続で増配しているような銘柄もあります。

銘柄選びの基準として特に重視したい点は、「EPSの推移」「BPSの推移」「ROEの推移」「営業キャッシュフロー」「フリーキャッシュフロー」「増連続配銘柄」です。



世界を代表する企業の米国株優良銘柄

米国株(ADR含む)は、グローバル市場で活躍する世界的な優良銘柄が多数あります。
米国内だけでなく、世界中でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。

このようにグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
株式市場がEPSと配当の持続的な成長を評価することで、株価は上昇するといわれています。


米国株式市場の優良銘柄 おすすめ銘柄

プロクター・アンド・ギャンブル PG
アリエール、SK-Ⅱ、パンパース、パンテーン、ファブリーズまで、P&Gの製品は世界中の家庭にあふれています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ
バンドエイドやジョンソンベビーローション、リステリン、アキュビューなど多くの家庭の衛生用品を作っています。
個人向けだけでなく、医療機関向けでも世界最大級です。

コカ・コーラ KO
世界200以上の国や地域で飲料を販売しています。
代表的な商品は「コカ・コーラ」「スプライト」「ファンタ」などがあります。

ペプシコ PEP
ペプシコーラをはじめとする、飲料、スナック、食品の世界的メーカー。
穀物ベースのスナック、炭酸・非炭酸清涼飲料、食品を自社製造・外注して、世界中で販売しています。

アルトリア・グループ MO
フィリップ・モリスの米国内のビジネスを中心とする会社です。
2007年から2008年にかけて、フィリップ・モリスの米国外ビジネスやクラフトフーズをスピンオフしました。

フィリップ・モリス PM
たばこ・たばこ製品の製造・販売会社。
子会社を通じて多様なたばこ製品をライセンス保有し、米国外市場に提供しています。

ゼネラル・ミルズ GIS
シリアル・パン・パスタ・ヨーグルト・ピザなど様々な食品で有力なブランドを保有する会社です。
アイスクリームの「ハーゲンダッツ」が日本では有名です。

キンバリー・クラーク KMB
「クリネックス」ブランドのティッシュを代表にティッシュ、ウエットティッシュ、石鹸などの衛生用品を世界中で展開しています。

ウォルマート WMT
世界最大のスーパーマーケットチェーン。
低価格、物流管理、コスト削減などを推し進め、世界各国で店舗展開しています。

マクドナルド MCD
世界各国で「McDonald's」 ブランドで、ファストフードレストランを展開しています。

コルゲートパルモリブ CL
世界中でよく知られている歯磨き粉「コルゲート」の製造会社です。
歯磨き粉の他、洗口液、シャンプー・ボディーソープなどを全世界に販売しています。

マイクロソフト MSFT
世界最大のコンピュータ・ソフトウェア会社。
ハードウェアやゲーム機器の製造も手がけています。

エクソン・モービル XOM
世界的に事業を展開するエネルギー企業です。
石油・ガス製品および石油化学製品に関連事業領域において、探鉱をはじめ、研究開発、生産、精製、販売を行っています。

シェブロン CVX
エネルギー会社大手。石油・天然ガスの生産、輸送のほか、燃料や他のエネルギー製品の精製、販売、供給も手がけています。

オクシデンタル・ペトロリウム OXY
米国を中心として世界各地に石油、ガスおよびその他商品の取引を行っています。
石油・ガス事業、化学事業などの分野を手がけています。

ハーシー HSY
1894年に創業のハーシーは「HERSHEY'S」ブランドの板チョコで著名です。
ぜいたく品であったチョコレートを大量生産で提供し、今では世界90カ国以上で愛されています。

アムジェン AMGN
バイオ医薬品メーカー。
重病を対象とする治療薬の発見、開発、製造、販売を手掛ける。
治療法のほか細胞生物学と分子生物学に基礎を置いた新薬の開発に注力しています。

ギリアド・サイエンシズ GILD
世界第2位の大手バイオ製薬会社であり、治療薬の発見、開発と商品化を行っている。1987年の創業以来、HIV、B型肝炎、インフルエンザといった感染症治療のための抗ウイルス剤開発を、事業の中心としています。
同社が開発した新薬「ソバルディ」は、今のところ競合もなく、処方薬では市場最高の売上高になる可能性が高いといわれています。

バクスター・インターナショナル BAX
グローバルな総合ヘルスケア会社で、子会社を通して血友病、免疫系疾患、感染症、腎臓病、外傷及びその他慢性・急性病状を持つ患者向けの薬品の開発・製造・販売を行っています。

ユニオン・パシフィック UNP
アメリカ合衆国最大規模の鉄道会社。
主要事業会社にUnion Pacific Railroad Companyを持つ輸送会社で、米国西部の23州をカバーする鉄道網がグローバルサプライチェーンの重要な役割を担っています。

マスターカード MA
世界最大級のクレジットカード「マスターカード」の運営会社です。
同社のカードは世界210カ国以上の3330万以上の加盟店で利用できます。

プライスライン・グループ PCLN
宿泊予約サイトで世界最大級の「Booking.com」「priceline.com」「Adoga.com」を運営するほか、レンタカー予約の「rentalcars.com」などを運営しています。

スリーエム MMM
電気電子・電力・通信関連、建築関連、ヘルスケア関連、セーフティ・セキュリティ関連、自動車・交通関連、産業関連、オフィス関連など広範な事業を手がけています。

ユニリーバ UL(ADR)
食品、洗剤、ヘアケア、トイレタリーなど家庭用品メーカーで、オランダとイギリスに本拠を置く多国籍企業。
一般消費財メーカーとしては、プロクター・アンド・ギャンブル、ネスレにつぎ世界3位。

ノバルティス NVS(ADR)
スイス・バーゼルに本拠地を置く、国際的な製薬・バイオテクノロジー企業。
同社は比較的パテント切れリスクが小さく、新薬のパイプラインも充実しています。

ノボ・ノルディスク NVO(ADR)
デンマークで創業された製薬会社です。糖尿病の分野では世界最高水準の技術を持っています。
同社はインスリンのほか成長ホルモン治療、血友病などの分野でも実績があります。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ BUD(ADR)
ベルギーの酒類メーカーで、有名ビール・ブランド「バドワイザー」を持っています。
その他、有名なブランドとしてベックス、スコール、ブラマ、コロナなどがあります。

ディアジオ DEO(ADR)
イギリスの酒造メーカー。主なブランドは、スミノフ、ジョニー・ウォーカー、ギネス、キルケニー、ベイリーズ、ピムス、J&Bなど。


配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方 ≫









カテゴリ:米国株式投資 |

米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か

米国では、長期間にわたり連続増配を続ける企業、それも世界的なブランド力を有する大企業が多いというのが特徴の1つです。
中には、57年連続増配という企業まで存在するほどです。

企業が長年にわたり毎年増配を続けるためには、技術力やブランド力で配当原資となる利益を着実に伸ばしていくことが必要です。
例えば、S&P500配当貴族指数とS&P500指数を過去10年(~2013年末)に渡って比較してみると、S&P500指数S&P配当貴族指数はS&P500指数をアウトパフォームしています。

長期間にわたり連続増配する企業は、それだけ利益が成長している企業、という側面も持っているといえます。
そのため、安定性だけでなく、成長も加味した銘柄選別を考慮する材料になると考えられます。
配当成長株は、長期の配当成長に長期の利益成長が不可欠であるため、配当利回りだけでなくキャピタルゲイン(株価上昇)が期待できます。



米国でいかに株主還元が重視されているかを示す例として、連続増配企業というものがあります。
例えば、プロクター&ギャンブル(PG)57年連続増配
エマーソン・エレクトリック(EMR)56年連続増配
スリーエム(MMM)55年連続増配
コカ・コーラ(KO)51年連続増配
ジョンソン&ジョンソン(JNJ)51年連続増配
マクドナルド(MCD)38年連続増配

確固たる地位を築いている大企業がこのような株主重視の姿勢を貫いているのは、米国市場に「株主も会社のステークホルダーである」という基本的な考え方が広く浸透しているのでしょう。


配当金がザクザク増える米国株配当成長銘柄の選び方


※S&P500指数は米国経済主要産業の代表的な500社で構成する時価総額加重平均型の株価指数です。
※S&P500配当貴族指数は、S&P500指数の構成銘柄の大型銘柄のうち、25年以上連続増配している企業の中から、特定のセクターの銘柄に偏らないように考慮しながら、銘柄が最低でも40社以上となるように選出されている指数です。






カテゴリ:米国株式投資 |

米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]

長期間にわたり連続増配する銘柄は、それだけ利益が成長している企業、という側面も持っているといえます。
そのため、安定性だけでなく、成長も加味した銘柄選別を考慮する材料になると考えられます。
配当成長株は、長期の配当成長に長期の利益成長が不可欠であるため、配当利回りだけでなくキャピタルゲイン(株価上昇)が期待できます。

米国には数多くの高配当銘柄がありますが、配当に着目する株式投資は、相対的にリスクが小さく、配当成長が期待できる銘柄に投資すると、長期的に高い投資収益を得ることが期待できます。


連続増配をする米国株銘柄の1部を以下に30銘柄リストアップしてみました。
このような銘柄の営業キャッシュフロー、EPS、BPS、ROE、配当性向、1株当たりキャッシュフローなどの推移を調べ、堅実に成長している銘柄に株価が割安な時に投資すればそれなりの収益が期待できそうです。



米国株高配当銘柄&連続増配銘柄

銘柄名 ティッカー 連続増配年数 配当利回り
(2014年2月末現在)

AT&T Inc.(T) 30年 5.76%
エーティー・アンド・ティー

Mercury General Corp.(MCY) 27年 5.43%
マーキュリー・ゼネラル

Altria Group Inc.(MO) 45年 5.29%
アルトリア・グループ

Lorillard Inc.(LO) 7年 5.01%
ロリラード

Philip Morris International(PM) 6年 4.65%
フィリップモリス

Mattel Inc.(MAT) 5年 4.07%
マテル

Vectren Corp.(VVC) 54年 3.74%
ベクトレン・コーポレーション

Chevron Corp.(CVX) 26年 3.47%
シェブロン

McDonald's Corp.(MCD) 38年 3.41%
マクドナルド

Lockheed Martin(LMT) 11年 3.28%
ロッキード・マーチン

PepsiCo Inc.(PEP) 42年 3.27%
ペプシコ

Sysco Corp.(SYY) 44年 3.22%
シスコ

Coca-Cola Company(KO) 52年 3.19%
コカ・コーラ

Procter & Gamble Co.(PG) 57年 3.06%
プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)

Kimberly-Clark Corp.(KMB) 42年 3.04%
キンバリークラーク

Kellogg Company(K) 9年 3.03%
ケロッグ

Johnson & Johnson(JNJ) 51年 2.87%
ジョンソン・エンド・ジョンソン

United Parcel Service Inc.(UPS) 5年 2.79%
ユナイテッド・パーセル・サービス

Emerson Electric(EMR) 57年 2.64%
エマーソン・エレクトリック

ExxonMobil Corp.(XOM) 31年 2.61%
エクソン・モービル

Wal-Mart Stores Inc.(WMT) 41年 2.57%
ウォルマート

3M Company(MMM) 56年 2.54%
スリーエム

Archer Daniels Midland(ADM) 39年 2.36%
アーチャーダニエルズ・ミッドランド

Chubb Corp.(CB) 49年 2.29%
チャブ

McCormick & Co.(MKC) 28年 2.23%
マコーミック

Colgate-Palmolive Co.(CL) 50年 2.16%
コルゲート・パルモリーブ

International Business Machines(IBM) 18年 2.05%
アイビーエム

Union Pacific(UNP) 8年 2.02%
ユニオン・パシフィック

Becton Dickinson & Co.(BDX) 42年 1.89%
ベクトン・ディッキンソン

CVS Caremark(CVS) 11年 1.5%
シーブイエス・ケアマーク


配当成長が持続可能な ”ワイド・モート” を持った
配当成長銘柄を正確に選び、ポートフォリオを組むことが重要です。
米国株配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫







カテゴリ:米国株式投資 |
メニュー
世界の債券市場の規模と世界の株式市場の規模
S&P500ETF(SPY)と米国債20年超ETF(TLT)
iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは何か
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには
米国株の高配当株・増配株に投資するETF銘柄
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄 [アメリカ株]
米国株 優良銘柄 おすすめ銘柄
米国株の有望銘柄 [アメリカ株 高ROE企業]
複利の力をより高める米国株式投資手法
ネスレ、P&G、コカコーラなど最強銘柄に株式投資
ネスレ株の買い方 ネスレに株式投資するには
J-REIT投資にはETFの利用がおすすめ
長期投資の銘柄は米国株と新興国株がおすすめ
インデックス投資【おすすめの株式投資法】
米国株の買い方【外国株式購入方法】
ETFおすすめ銘柄【債券・REIT・株式】
新興国債券に投資を行う理由
新興国債券【ETFを利用して高い利回りを得る】
外国株式投資のメリット
世界の株式市場に投資
外国株式インデックス投資【海外ETFで投資】
債券投資の特徴と魅力
投資に役立った書籍(投資の本質を学んだ書籍)